このブログを検索

2017年4月29日土曜日

明日が最終日でーす!

「凛然グッドバイ」29日土曜日が無事に終了いたしました。観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございます!
戯曲を予約してくださったみなさま、ありがとうございますー!!

本日のゲスト、旦那さんは前田晃男さんでした!! なんと晃男さん、明日には東京に行ってまたまたゲスト出演されるという!!
行ってらっしゃいましー!

本日、お昼公演のみでしたので、気になるニューヨークに行ってまいりました。
そして唐組へ!

明日は楽日です。
残席状況です。
11時は完売いたしました。
15時も残席わずかでございます。

平日公演が終わりましたー!

『凜然グッドバイ』平日公演が終わりましたー!!
観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
一期堂さんの戯曲本が完売してしまいました。。。
明日の14時公演は本がございません。。。
すみません。。。
予約をしたいと言ってくださる方がいらっしゃいましたら、
上演後、どうぞ樋口までお声かけくださいませ。
目測をぉぉぉお、謝りましたぁぁぁぁぁぁ!

本日のゲストはスクエアの一軒さんでした!
ありがとうございました。
今日小屋入りしたときに、
本日、娘さんのお誕生日だと聞いて、、、驚愕!!
なんだか申し訳ないです、、、

振付の原先生が、昨日と今日と二日続けて観てくださって、

「男の人が違うのを観るのって、面白いねぇ」

そうなんです。
いろんな男(旦那)がいて、それぞれが男(旦那)で、
あらゆる男(旦那)がいて、10人全て観れるワタクシが一番楽しんでおります。

7番目、ラッキーセブンの一軒さんでした。

8番目の男は、前田晃男さんです!!

本日の残席状況
29日14時 あと2席
30日11時 残りわずか
30日15時 まだ少しだけ余裕がございます。

そうそう。
togetterというものをやってみました!
まとめるといいですよと西藤くんが教えてくれまして。
なかなかツィッターというものを操れておらず、
やっていることといえば、
ブログ更新しました、くらいしかツィートしていないのですがっ!!
・・・頑張ってみよう。
チャレンジしてみよう。
操ってみよう。
使い方をネットで見て、ノロノロと・・・
ノロノロとですが、
なんとか!
やってみました!!

https://togetter.com/li/1105146

こちらをクリックすれば見られる・・・ハズ・・・・・・?

ハズです・・・!

2017年4月28日金曜日

後半戦が始まりましたー!

『凛然グッドバイ』後半戦が始まりました!
観に来てくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
台本があと残り1冊となりました。
土曜日には追加のぶんが届くのですが、、、
申し訳ございません。明日は1冊のみですので、
早い者勝ちになってしまいます。

本日のゲストは売込隊ビームの山田かつろうくんでした。かつろうくんはその昔、メイシアタープロデュースで、ワタクシが作、内藤さん演出の作品に出てくれたことがあります。
もう随分と前でございます。

ゲストさんの『男』という役を、そうだ! 日替わりにしようと決めてから、エエ男を探しに探し回っておりました。
センを演じるののさんに負けない背丈のシュッとした男子。あとさんにん、あとふたり、あとひとり、あとひとり、、、と、つぶやいておりましたらば!!

かつろうくんとの久々の再会がありまして!!
思わず、「あ、おった!」と素直に口からこぼれました。

明日は上田一軒さんがゲストでございます!
完売となってしまいました。
ほかの回はまだお席がございますので、ぜひ観に来てくださいませー!

残席状況です。
28日20時 完売
29日14時 残席わずか。
30日11時 残席わずか。
30日15時 まだお席に余裕がございます。

2017年4月26日水曜日

休演日に長いブログ

本日26日(木曜日)は休演日でございます。

前半戦、観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございます。
毎回毎回、客席の空気が違います。
みんな同じ人が観ているわけではないから、そりゃあ、違いますわね。
その空気を受けるから、だからもちろん、俳優も違います。
違うっていうのはちょっと言葉がハマってないかもしれません。
昨日の「私」と今日の「私」はまったく同じではないけれど、
でも「私」には変わりがない。
と、これもまた抽象的でございましょうか。

スポーツにはルールがあって、ハズしてはいけないことがある。
けれどどれもひとつとして同じ試合はない。

公演も、そうなんじゃないかと、思うわけであります。
相手がどんな言葉のボールを投げるのか、その瞬間じゃないとわからない。
それを瞬時に受けっとってまた言葉のボールを返す。
稽古場で、繰り返しの稽古はいたしません。
だから繰り返しの本番もありません。
いつだってファーストタイムであるのでございます。

俳優はその日の体で挑みます。
たくさんの分析とたくさんの試みを経て、
上手く演じるための稽古などはいたしません。
そこに生きるための稽古をするわけであります。
根幹はゆるがず、だけどその場にいること、
その場の言葉に嘘をつかないこと。
いま、はじめて。
ファーストタイムをやりとりするわけであります。
そのための方法をひたすらPlant Mでは稽古で実行するのでありますが、
ののさんと出口さんはもうその方法は自分の体に落とし込んでいるので、
表現する手前の稽古に時間を費やしはいたしません。
あとは俳優がどう表現するかをワタクシは観るのであります。

セリフを叩き込む。
自分の役の感情で読むのではなくて、分析する。
そこに書かれているものはなにか。
会話とは具体的にはどんなものなのか。
書き文字から話し言葉にするとはどういうことか。
体のノイズとはなんなのか。
動く、話す、根拠はどこにあるのか。
「死に間」と「表現の間」の違いはなんなのか。
こうするのがお芝居だと思い込んでいるものを、フリを、ジェスチャーを、少し疑う。

ここまできて、そうしてようやっと、体ひとつで舞台上に立つわけであります。
その時に、相手と言葉をやりとりして初めて動く内側がある。
発見がある。
こうだと決めて始めると、相手を見なくなる。見れなくなる。
相手の言葉を受けられなくなる。
俳優もスタッフも演出も劇作も、ひとりでは出来ない。
俳優の言葉は自分の演技のためにあるのではなくて、
相手を刺激するためにあるのだと、思うのであります。

なんどもPlant Mに出演してくれているののさんと出口さんは、
そこの稽古を各自で進めるわけであります。

俳優が、ここから試みる表現をワタクシは観るのであります。
しつこく、しつこく、観るのであります。
演出の仕事のひとつは、観ることなのだと思うのであります。
劇作のワタクシは、そんな自分をまた少し距離を置いて、見ていたりします。
分裂病でしょうか。
ひとつ、シーンをカットしております。
言葉を少しずつ、変えたりしております。
少しの変化は演出のワタクシが、
しかし大きなカットの決定は、たぶん演出ではなくて劇作のワタクシがしたのでしょう。
自分ひとりのなかで、劇作と演出の往復書簡がありました。
分裂病かなー。

公演は毎回、繊細に、微妙に変化する。
あるいは大胆に飛躍する。
そんな俳優たちにとって、舞台上での「キッカケ」というものはありません。
彼女たちが見たいところで見れば砲弾が聞こえ、
彼女たちが立ちたいところに立つと明かりがそこにふりそそぐ。
音響、照明、という言葉を超えるものがそこにあるわけでございます。

「だってこれはそういう芝居やろ」

と、スタッフさんたちはサラリと言うてくれはるわけであります。

音響、照明、打ち合わせに打ち合わせを重ねるわけではありません。
どう戯曲を読むか。
それぞれがもぐもぐ戯曲を食べるみたいです。
それぞれがちゃんと食べて消化したならどうなるか。
そうくるなら、こうだな。
そうやるなら、これだな。
俳優たちと、セッション・・・?
俳優たちとの、ぶつかりあい?

それをさらに私よりもっと客観的に見てくれている舞台監督がいるわけであります。

ほんに演劇は、ひとりじゃできまへんなぁ。

毎日が、進化と深化と変化であります。
良い回、悪い回はございません。
毎日、違う。
プログラムされているわけではないから。
生きている人間が演劇をするし、生きている人間が演劇を観る。

いろんな空気のなかで、
それを受けて、俳優とスタッフがどうやって舞台の空気を作って客席を包んでいくのか、
客席もまるごと含んで、ワタクシはそれらすべてを観るわけであります。



だらだらと書きました。
たまにそんな日があってもよいでしょうか。

明日の27日(金曜日)から後半戦がはじまります!

昨日のゲストはハタチ族の西藤くんでございました。
たしかゲストさんのなかで最年少さんです。
いつもはあまり年下の感じはしないのですが、
ののさんとのやりとりを見て、
・・・君はペット感がある!
と思いましてよ。
ひたむきな年下カレシでございました。

ほんの短いワンシーン。
時間にするなら5分もない。
なのに、それぞれのゲストさんの持っているものが見えるのでございます。
ほんの短いワンシーンだからこそ、見えるのかもしれません。

明日は山田かつろうくんです!!
お稽古のときにも思いました。
かつろうくん、モテるやろな・・・
パッとしております。

というわけで、みなさま、後半戦よろしくお願いします!
ただいまの残席状況でーす!

27日 木曜日 20時 ちょっとだけ余裕かな。
28日 金曜日 20時 完売しております。
29日 土曜日 14時 ちょっとだけ余裕かな。
30日 日曜日 11時 残席あとわずかとなっております。
30日 日曜日 15時 まだまだ余裕があります。

チケットご予約はこちらから!
前売一般予約
https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen

折り返しとなりましたー!!

『凛然グッドバイ』半分まできましたー!!
4日目、観に来てくださったみなさま、
本当にありがとうございました!
本日のゲストは雲南の西藤くん!
明日は休演日となります。
なので、明日ゆっくり振り返ってブログを更新いたしますー!
今日はおやすみなさいませー!!
ありがとうございました!!

iPhoneから送信

2017年4月25日火曜日

『凜然グッドバイ』平日の公演が始まりましたー!

月曜日でございます!
はい! 平日公演が始まりました!
観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
ご本もお買い上げくださいましてー!
本当にー!
感謝でございますー!!

今日のゲストはたいぞーさん。
アグリーの時も客演に出てくれたことがございます。
にしても、久しぶりの再会でございます。
ゲストさんのシーンはとても短いのでございますが、
その短さのなかに、
ののさん演じるセンとの関係が見えてきたりします。
10人それぞれ、その背景が違うから面白いのでございます。
たいぞーさん演じる男とののさん演じるセンの場合は、

「この二人、きっと戦場で出会ったんやろな・・・」

と、想像してしまうのでございます。
たいぞーさんが軍人感があるからでございましょうか。
亭主関白感もありましたー!!

明日のゲストさんは島根から!
ハタチ族の西藤くんでございます。


現在の残席状況でーす!


25日(火)20時 残席わずか

26日(水)休演

27日(木)20時 

28日(金)20時 完売しました

29日(土)14時 

30日(日)11時 残席わずか

                   15時 

2017年4月23日日曜日

『凜然グッドバイ』二日目が無事に終了しましたー!

二日目が無事に終了いたしました!
観に来てくださったみなさま!
本当にありがとうございました!
一期堂さんの戯曲の本もお買い上げありがとうございました!!

初日のゲストさんは山田一幸さんでございました。
uglyの解散公演以来でございました。
またご一緒出来て幸せでございます。
そして二日目のゲストさんは、僧侶の中野くんと伯爵のらあさんでございました!
中野くんはずっとcan tutkuの小屋付きをしてくれておりましたが、
とても素敵な俳優さんなのです。
らあさんは存在感がスゴすぎます。
いろんなゲストさんと関わることが出来て、豊かでございますー!!


そして初日は東京から、noyRの実奈ちゃんと、富岡さんが観に来てくれました!!
そしてそして、二日目はデザイナー岸本くんも観に来てくれました!
東京にいるはずだったと思っていたのにー! 嬉しいですねー!!
なぜか鼻を隠すとみさんと実奈さん。そしてワタクシもそれにならってみました。
とみさんと実奈さんとは2018年に東京バージョン凜然グッドバイを上演する予定でございます!!
 そして残席状況でございます!

24日(月)20時 ○
25日(火)20時 残席わずか
26日(水)休演
27日(木)20時 
28日(金)20時 完売しました
29日(土)14時 
30日(日)11時 
                   15時 

ぜひぜひ観に来てくださいませー!!!

前売一般予約
https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen
 

『凜然グッドバイ』初日が無事にあけました!

朝9時30分からの、目覚めのゲネプロを経て! 
初日が無事にあけました!
観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!
そしてハードカバーの戯曲もお買い上げしてくださったみなさま、
ありがとうございました!
毎日上演しております。
休演日は26日(水)
毎日普通にお芝居があるのが当たり前の日常になればいいなぁと思いますの。
そして長く上演していくことが、別の次元へ飛んでいくステップだと思いますの。
積み重ねた先へ。
毎日がトクベツで当たり前の公演。
明日は午前中とお昼の2回公演でございます。
残席状況でーす!
平日がまだまだ空いておりますので、ぜひ会社帰りにお寄りくださいませ。


23日(日)11時 あと1席となりました。
      15時 完売しました。
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 残りわずか。
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 あと1席となりました。
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎

前売一般予約
https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen

場所 IKSALON表現者工房〒544-0025 大阪市生野区生野東2丁目1-27寺田町延三ビル

2017年4月22日土曜日

はぁぁぁっ!!! 今日が初日です!!

昨日の仕込みを終えまして!
はぁぁぁぁぁっ!!

疲れたのかうっかり床で寝ておりました。
夜明けとともに目が覚めました。

おはようございます。みなさん。
「凜然グッドバイ」本日が初日でございますー!!!

そして本日の残席状況でございます。
お席に限りがございますので、ぜひご予約くださいませー!

22日(土)締め切りました。
23日(日)11時 あと2席となりました。
      15時 残りわずか。
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 残りわずか。
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 残りわずか。
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎

『凜然グッドバイ
カルテット・オンライン 大阪公演
出演
出口弥生
ののあざみ
大阪公演日替わりゲスト
22日(土)14時 山田一幸(朱亜shu-A
23日(日)11時 中野聡(宇宙ビール)※仙台公演
      15時 あらいらあ
24日(月)20時 上田泰三(MousePiece-ree
25日(火)20時 西藤将人(劇団ハタチ族)※雲南木次公演
26日(水)休演
27日(木)20時 山田かつろう(売込隊ビーム)
28日(金)20時 上田一軒(スクエア)
29日(土)14時 前田晃男(ボラボラ)
30日(日)11時 小笠原聡
      15時 橋本浩明
作・演出/樋口ミユ
振付/原和代
舞台監督/河村都(CQ)
音響/金子進一。(T&Crew
照明/皿袋誠路(PAC West)他地域公演オペレーション/山口星(NEXT lighting
舞台美術/柴田隆弘
衣裳/植田昇明(kasane
制作/尾崎商店
チラシデザイン/岸本昌也

前売り2800
当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

IKSALONの詳しい道順のご説明はこちらー!
http://plant-m.blogspot.jp/2017/04/iksalon.html

2017年4月20日木曜日

4月20日残席状況でーす!

明日から仕込みとなりましたー!

そして本日の残席状況でございます。
お席に限りがございますので、ぜひご予約くださいませー!

22日(土)14時 残りわずか。
23日(日)11時 あと2席となりました。
      15時 残りわずか。
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 残りわずか。
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 ◎
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎


『凜然グッドバイ
カルテット・オンライン 大阪公演
 
出演
出口弥生
ののあざみ
大阪公演日替わりゲスト
22日(土)14時 山田一幸(朱亜shu-A
23日(日)11時 中野聡(宇宙ビール)※仙台公演
      15時 あらいらあ
24日(月)20時 上田泰三(MousePiece-ree
25日(火)20時 西藤将人(劇団ハタチ族)※雲南木次公演
26日(水)休演
27日(木)20時 山田かつろう(売込隊ビーム)
28日(金)20時 上田一軒(スクエア)
29日(土)14時 前田晃男(ボラボラ)
30日(日)11時 小笠原聡
      15時 橋本浩明
 
作・演出/樋口ミユ
振付/原和代
舞台監督/河村都(CQ)
音響/金子進一。(T&Crew
照明/皿袋誠路(PAC West)他地域公演オペレーション/山口星(NEXT lighting
舞台美術/柴田隆弘
衣裳/植田昇明(kasane
制作/尾崎商店
チラシデザイン/岸本昌也
 
前売り2800
当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

IKSALONの詳しい道順のご説明はこちらー!
http://plant-m.blogspot.jp/2017/04/iksalon.html

Plant Mの半券

お芝居を観に行きますと、チケットがございまして、
そして半券を持ち帰ります。
はい。
そうなんです。
そうなんですが、
Plant Mでは、毎回半券がチケットの半分ではございません。
ビー玉のときもございました。
紙の船が作れる紙のときもございました。
今回はこちら。


まぁるいものでございます。
半券担当の出口さんが毎回勝手に用意してくださいます。
ありがとうございます。
豊かな遊びココロでございます。
申告などされる方は受付にて、お気軽に領収書をお申し付けくださいませ。

『凜然グッドバイ』
 
カルテット・オンライン 大阪公演
 
出演
出口弥生
ののあざみ
大阪公演日替わりゲスト
22日(土)14時 山田一幸(朱亜shu-A
23日(日)11時 中野聡(宇宙ビール)※仙台公演
      15時 あらいらあ
24日(月)20時 上田泰三(MousePiece-ree
25日(火)20時 西藤将人(劇団ハタチ族)※雲南木次公演
26日(水)休演
27日(木)20時 山田かつろう(売込隊ビーム)
28日(金)20時 上田一軒(スクエア)
29日(土)14時 前田晃男(ボラボラ)
30日(日)11時 小笠原聡
      15時 橋本浩明

作・演出/樋口ミユ
振付/原和代
舞台監督/河村都(CQ)
音響/金子進一。(T&Crew
照明/皿袋誠路(PAC West)他地域公演オペレーション/山口星(NEXT lighting
舞台美術/柴田隆弘
衣裳/植田昇明(kasane
制作/尾崎商店
チラシデザイン/岸本昌也

前売り2800
当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。

2017年4月19日水曜日

最後から二番目のゲストさんいらっしゃい

今日のお稽古には上田泰三さんが参加してくれました。
なにかの師匠になるという予想は大いにハズレまして、
泰三さんは、伍長でした。
あ、軍人さんだ。

と、思いましてよ。
最後のゲストさんの西藤くんの予想は風来坊と思うのですが、
こちらも大いにハズレるかもしれません。

稽古場で、金子さんが音を出してくださいまして!
重厚でございました!
音も光も衣装も美術もすべて、表現だなぁと思うのでございます。

そして贅沢ゲストさんばかりでございます。
ゆっ・・・・・・豊かー!!!

そして本日の残席状況でございます。
22日(土)14時 残りわずか。
23日(日)11時 あと2席となりました。
      15時 残りわずか。
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 ◎
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 ◎
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎

来週の回も、日が近づいてまいりましたら急に埋まってしまいます。
お席に限りがございますので、 ぜひお早めにご予約をー!!


2017年4月18日火曜日

さらに、ゲストさんいらっしゃい

午前中からのお稽古でございました。
今日は橋本浩明くんが参加。
そしてさらに、山田かつろうくんも来てくれました。
もう毎回ゲストさんが衣装を着る瞬間が楽しみで仕方ございません。

橋本くんは衣装を着ると、学者になりました。
なにか調べ物をしているような。
勉強しているような。
ののさんは、「背景に本が見える・・・」と言っておりました。

かつろうくんが衣装を来たとき、あれ、あれ、あれだ!
しかし言葉が出て来ず、「あれなんだけどなー」とモヤモヤして、
稽古が終わったあとに「あれ」を思い出しました。

はい。帝大生。
朝ドラにもよく出てくる、帝大生。

大阪に在住している8人のゲストと出会うことができました。
明日は上田泰三さんが稽古に参加してくれますー!
泰三さんはなにかの師匠に見えるんじゃないかと予想しております。

雲南在住の西藤くんは本番の数日前に大阪入りしてくれまして、
お稽古に参加してくれます。
西藤くんは何に見えるのかしら。






2017年4月16日日曜日

ゲストさんいらっしゃい

今日は午前中からお稽古でございました。
一軒さんと、らあさんが来てくださいました。
そしてやはり衣装を着ますと皆さん十人十色。

一軒さんは魔導師、賢者。
一瞬、白雪姫の7人の小人にも見えました。
でも話し出すと男前でした。
らあさんは伯爵でした。
ヨーロッパの香りがしました。ワインとか持ってそうでした。
でも話し出すとこちらも男前でした。

「凜然グッドバイ」はセンとデモという2人の女の人たちのお話なのです。
が、
ちらりとワンシーンだけ、
センの(たぶん)旦那さんなんだろうな、という
男の人が出てまいります。
それが今回の日替わりゲストさんでございます。
ちらりと、センのものすごいプライベートが垣間見えればいいなと、
思ったわけであります。

本日の残席状況でございますー!
日が近づいてまいりましたら急に埋まってしまいます。
お席に限りがございますので、 ぜひお早めにご予約をー!!

22日(土)14時 △
23日(日)11時 あと2席となりました。
      15時 △
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 ◎
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 ◎
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎







4月15日現在、『凜然グッドバイ』残席状況です。

4月15日現在、『凜然グッドバイ』残席状況です。

22日(土)14時 △
23日(日)11時 あと2席となりました。
      15時 △
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 ◎
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 ◎
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎

日が近づいてまいりましたら急に埋まってしまいます。
お席に限りがございますので、 ぜひお早めにご予約をー!!

美術がー!

やってまいりました!
今回の美術でございます。
輪っか。
輪っかです。
円でございます。
存在感がございます。
鉄の輪っか。
ナニに見えるか、ナニが見えるのか、ナニになるのか、たったひとつのモノが、あらゆるものに見えてくれば良いなと、思うのであります。

本日のお稽古は、ゲストの山田一幸さんと前田晃男さんが来てくださいました!
お写真撮ることも忘れてお稽古でございます。
同じ衣装なのですが、着る人によって見え方が全然違うことに驚きでございます。
中野くんが着た時は僧侶に思えまして、
小笠原くんが着たときは裁判官に思えまして、
山田一幸さんが着たときはスナフキンに思えまして、
前田さんが着た時にはドラクエに思えました。
こんなにも変化するなんて!!
衣装と俳優のコラボでございます。
着方もそれぞれ様々。
同じ人はひとりとしていないこの世の不思議でございます。

2017年4月15日土曜日

『凜然グッドバイ』残席状況でーす!

『凜然グッドバイ』残席状況です。

22日(土)14時 △
23日(日)11時 まもなく完売
      15時 △
24日(月)20時 ◎
25日(火)20時 ◎
26日(水)休演
27日(木)20時 ◎
28日(金)20時 ◎
29日(土)14時 ◎
30日(日)11時 ◎
      15時 ◎

日が近づいてまいりましたら急に埋まってしまいます。
お席に限りがございますので、 ぜひお早めにご予約をー!!


2017年4月14日金曜日

だからお芝居は面白いのです

先日は日替わりゲストさんの小笠原くんがお稽古に参加してくださいました。
当たり前だけれど、人が変わると空気も世界も変わるのが面白いのでございます。
中野くんがお稽古に参加してくれたときと、小笠原くんが参加してくれたときと、
同じ役なのに全く違うのでございます。
同じ言葉なのに、違う俳優が発すると、また違う色になる。
本当に。

「ひぐちさん、これは日替わりゲストの分量じゃないですよ」

と、ゲストさんの誰かに言われましたことよ。
そうなのか。
そうなのでしょうか。
そうなのね。

「だって、これめちゃくちゃ重要ポイントじゃないですか」

と、ゲストの誰かに言われましたことよ。
ええ、そうなんです。
だからこの10人の男子たちにお願いいたしましたのでございますことよ!!
だから絶対大丈夫なんです。
と、ワタクシには確信がございます。

今までの流れを、ぶった切ってくれるような。
そんな渋い俳優さんたち。
ののさんが演じる「セン」という女性の伴侶。たぶん別れちゃうけれど。
ののさんもなかなかの迫力長身女性でございますので、
彼女の迫力に負けない俳優さん。
芯の通った俳優さん。
そして彼女の年齢に合う俳優さん。
ののさんの相手が20代ってのは、うーん、ちょっと、ちょっとね・・・ひと昔前に流行った、「君はペット」になってしまうわ。
というわけで、この渋いラインナップとなりました。
俳優は、考えるわけであります。
舞台の上に立つために、必ず。
その考えを持って舞台に一歩踏み出す瞬間が、
「凜然グッドバイ」をより豊かにしてくれると思うわけであります。
それが10人分あるなんて、なんて贅沢ではございませんか。

同じセリフなのに、違う。
人がそれぞれ違うように。
それぞれの考えがぶっこまれることが、面白い。

そしてさらに音響の金子さんと、照明の皿袋さんもお稽古を観に来てくださいました。
スタッフさんたちの考えが、ワタクシはまた面白いのでございます。
今みた通しを、さて、では、音でなにを表現するか、光でなにを魅せるかと、
おふたりの信念と美学をどっと浴びるわけであります。
いろんな人の、
いろんな考えと表現が混ざり合ってまた別のカタチになっていくことが、面白い。
それはメインの出演の、出口さんとののさんも同じで。
こう読んで、こう考えて、こうアプトプットしてみた。
ということを毎回ぶっこんでくるのでございます。
だったらここは変えてしまおう、とまたカタチを変える。
私たちはもう劇団ではないけれど、
劇団の時代を一緒に過ごしてきて、経て、終えて、
そこからまた創り続けているから密なやりとりが出来るのだと思うのであります。
劇団のさらに進化、ではなくて、深化と呼びたいわけであります。


チケット予約はこちらから。
前売一般予約
https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen

『凜然グッドバイ』島根雲南木次公演のお知らせです

6月には雲南の木次でも『凜然グッドバイ』を上演いたします!
山陰の皆様、ぜひともチェリヴァホールまでお越しくださいませ!!
木次の桜のイメージでしょうか!!
こちらのチラシはピンクです!
美しすぎるデザイナー岸本さま、すてきでございます。

 
PLANT M No.12 雲南公演

『凜然グッドバイ』


 

出演

出口弥生

ののあざみ

西藤将人(劇団ハタチ族)



日時 2017610(土) 14時/18



作・演出/樋口ミユ

振付/原和代

舞台監督/河村都(CQ)

音響/金子進一。(T&Crew

照明プラン/皿袋誠路(PAC West)オペレーション/山口星(NEXT lighting

舞台美術/柴田隆弘

衣裳/植田昇明(kasane

制作/尾崎商店

チラシデザイン/岸本昌也



場所
雲南市木次経済文化会館 チェリヴァホール

699-1311 島根県雲南市木次町里方55雲南市木次経済文化会館チェリヴァホール



チケット
早割先行販売2500(チェリヴァホールのみ取り扱い)5月20日〜5月31日 

ウェブ http://www.cheriver.com/  tel 0854-42-1155



一般前売り 前売り2800
 予約フォーム カルテットオンライン 6月1日〜





当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500



※受付開始、開場は上演の30分前。

※未就学児童のご入場はご相談ください。

※上演予定時間1時間20分。


凜然グッドバイオーディション
Plant Mでは来年の2018年に、一緒に山陰版『凜然グッドバイ』を創ってくださる山陰で活動されている女優さんを募集しております。
  実際の公演日は決定したキャストと日程を調整して決めます。

日時 2017611日(日)12時から18時までの間、随時行います。

応募資格 10日(土)の『凜然グッドバイ』観劇が条件となっております。

戯曲データでお送りします。必ず読んで来てください。

申し込み方法 氏名、年齢、12時から18時までの間にチェリヴァホールに来館できる時間を記入のうえ、plant.miyu@gmail.comまでご連絡ください。
折り返しお返事いたします。


主催 Plant M 

平成29年度日本芸術文化振興基金 

2017年4月13日木曜日

『凜然グッドバイ』販売本のご予約承ります

「凜然グッドバイ」の会場で販売いたします戯曲のご予約を承ります!
予約します!
とおっしゃってくださる方がいらっしゃいましたら、

plant.miyu@gmail.com

までメールをくださいませ。
本番を観に来てくださる方は、取り置きしておきますので会場でお渡しいたします。
観には行けないけれども本は欲しいという方は、郵送いたしますのでその運賃込みの
お振込となります。(振込手数料はお客様に負担してもらうことになります。申し訳ございません)

価格は1000円となっております。
(郵送はゆうメール215円プラスとなります)

お名前とご連絡先と、会場に来られるか郵送(住所)かを明記してメールしてくださいませ。折り返しお返事いたします。

なお、一冊一冊手作りですので出来上がり次第の発送となります。
(大阪公演初日から販売を始めます)

発刊後は、一期堂さん(http://hashimoto-dr.com/ichigodo.html)の
ホームページのショップからご購入いただけます。


チラシの絵がカバーになってますー!

2017年4月12日水曜日

『凜然グッドバイ』仙台公演のお知らせです

『凜然グッドバイ』仙台公演のお知らせです。
公演以外のこともございますー!
美しすぎるデザイナー岸本くんが、
チラシの表の色を仙台バージョンにしてくれております。
すてきー!
雲南の詳細はチラシが出来上がり次第アップいたします。

公演日時 2017年5月20(土) 14時/18時  

場所 仙台公演 財団法人 仙台市市民文化事業団 せんだい演劇工房10BOX box1
〒984-0015 仙台市若林区卸町2丁目12−9
http://www.gekito.jp/

チケット
[特別先行予約] 2500円
受付期間 4月20日〜4月30日
https://www.quartet-online.net/ticket/rinzen5sendai?o=b00000h

[一般予約フォーム]   2800円 受付期間 5月1日〜

※当日3000円/高校生以下前売り当日ともに500




出演
出口弥生
ののあざみ
中野聡(宇宙ビール)

作・演出/樋口ミユ
振付/原和代
舞台監督/河村都(CQ)
音響/金子進一。(T&Crew
照明プラン/皿袋誠路(PAC West)照明オペレーション/山口星(NEXT lighting
舞台美術/柴田隆弘
衣裳/植田昇明(kasane
制作/尾崎商店
チラシデザイン/岸本昌也

※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間20分。
主催 Plant M 
平成29年度日本芸術文化振興基金 

劇作家ワークショップ box1にて (無料) 
日時 2017年517日(水)19時 はじめてのあなたへ 
 18日(木)19時 書き続けているあなたへ
筆記用具、またはパソコンを持って19時までにbox1にお集まりください。


※両日ともに2時間ほどを予定しております。予約はとくに必要ございません。
お気軽にお越しくださいませ。

仙台版『凜然グッドバイ』オーディション box1にて
Plant Mでは来年の2018年に、一緒に仙台版『凜然グッドバイ』を創ってくださる仙台で活動されている女優さんを募集しております。
※実際の公演日は決定したキャストと日程を調整して決めます。


日時 2017年5月21日(日)14時開始 終了時間17時予定
 
応募資格 20日(日)の『凜然グッドバイ』観劇が条件となっております。ご予約の際にチケット予約フォームの備考欄に「オーディション希望」とご記入ください。

 
※観劇できない場合は事前にplant.miyu@gmail.comまでご連絡ください。戯曲データでお送りします。必ず読んで来てください。
※終了時間は人数によって、短縮、延長になることがございます。ご了承くださいませ。

2017年4月11日火曜日

目撃しにきてくださいな

そのシーンだけを切り取ってそこだけをどうにも稽古ができない病でございます。
俳優は過酷でございましょうか。
ののさんと出口さんはもう慣れてしまったので、ああ、はいはいといつものことでございます。しかし、いつものことだとこちらも慣れてはいけないと、試みるのでございますが、やはりどどーっと通してしまいます。そのあとに膨大な振り返りがございます。

しかし今回は大きくふたつに分けられる。
前半がずばずばぁーと行くと、後半はその流れでずばずばぁーでございます。
ずばずばぁーしか言うておりませんね。

目の前で人間が動いているのがどうしても観たいものでございます。
体が動く。
思考が動く。
見えない空気が動く。
感覚が動く。
稽古で動いたものが、最終的にお客さんを目の前にしたときに、
どんな変化になるんだろうかと、
いつも想像するけれどもそれは毎回想像を超える。
毎回のステージは同じではない。
毎回同じお客さんが揃わないもの。
同じ人でも、同じ空気になるかどうかはわからない。

昨日の自分と今日の自分はどこか違う、
けれどもやっぱり自分以外のナニモノでもない。
そのように。
昨日の舞台と今日の舞台は違う、
けれどもやっぱり「凜然グッドバイ」なのでありんす。

舞台と客席に見えない線があるかもしれないけれど、
眺めるものでなく目撃するものにならないだろうかと、
考えるのでございます。
だからぜひとも観に来てください、というよりかは、
ぜひとも目撃しにきてください。

目撃すれば、その人のなかでなにかが動くだろうと思うのです。
目撃されれば俳優のなかでまたなにかが動くのだろうと思うのです。
そしたら舞台と客席のあいだで循環していく空気が生まれるんでは、ないかしら。

みたいなくらーいことをなんやかんやとギチギチ考えていると、漢方でアドバイスをくださる清水先生が一言で一蹴してくれたことがありました。

「やだ、みいさん、それ気のせいよ」

えっっっ!!
気のせい!!?

人生気のせい!?
なんだか魔法の言葉だわ。