このブログを検索

2016年9月30日金曜日

匿名劇壇とPlant Mの公演は、東京公演と仙台公演もございます!

Plant M『君ヲ泣ク』大阪公演はまだまだ続きますが、
来週はなんと東京公演、再来週は仙台公演が待っております!

しかも、匿名劇壇さんと合同でございます。
東京公演、仙台公演は「荒馬祭」に参加しております。
東京のみなさま、仙台のみなさま、ぜひとも観に来てくださいませ。
東京・仙台は完全合同公演ですので、ひとつのチケットで2団体観れるという
とってもお得なお祭りでございます!

詳細はこちら!

東京公演
場所 花まる学習会王子小劇場(東京)
http://www.en-geki.com/
 
日時 10/8(土)19:00
   10/9(日)13:00/★18:00
   10/10(月.祝)14:00
開場は開演の20分前、受付開始は開演40分前。★特割料金
 
料金 前売り 3,000円(★2,300円)
   当日 3,500円(★3,000円)
   高校生以下 1,500円
   ※各回3枚限定高校生以下1,000円(当日受付先着順)
   ※チケットは2本立て分のみの販売です。
 
【チケットご予約】
https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=76546


仙台公演
場所 パトナシアター 宮城野区文化センター(仙台)
http://www.livebu.com/hall/map/1670
 
日時 10/13(木)〜10/14(金)
      10/13(木)19:00
             10/14(金)14:00
開場は開演の20分前、受付開始は開演30分前。
 
料金 13日 2,500円
          14日 2,000円(平日マチネ割)
          高校生以下 1,500円
         ※チケットは2本立て分のみの販売です。
 
【チケットご予約】
https://ticket.corich.jp/stage/ticket_apply.php?stage_id=77188
 
 

29日木曜日の公演(海組)が終わりましたー!

29日木曜日の公演、海組さんが終わりました。
観に来てくださったみなさま、ありがとうございました!
ほんとうにー!
ありがとうございます。
明日は風組さんです。

現在の予約状況でーす。
9月30日(金)風組 残席残り少なりました。
10月1日(土)14時風組 まだお席に余裕がございます。
        18時海組  まだお席に余裕がございます。
10月2日(日)11時風組 まだお席に余裕がございます。
        14時海組 完売となりました。

受付にて、匿名劇壇『戸惑えよ』とPlant M『君ヲ泣ク』2本とも載っている
台本付きパンフレットを販売しております!
 1冊2000円! ふたつ同時収録で! 
こちらも大変お得になっております。
数に限りがございますので、ぜひお買い求めくださいませー!!

2016年9月29日木曜日

ただいまの予約状況でーす。

『君ヲ泣ク』現在の予約状況でーす。

29日木曜日 海組 完売となりました。
30日金曜日 風組 あと少しだけございます。
10月1日土曜日 14時風組/18時海組 どちらもまだお席がございます。
10月2日日曜日 11時風組 まだお席がございます。
         14時海組 あと少しだけございます。

1日の土曜日がまだ少しお席に余裕がございますので、
ぜひともー!
         

28日水曜日の公演(風組)が終わりましたー!

28日、水曜日。
風組さんの公演が終わりました。
観に来てくださった皆さま、
本当にありがとうございました!

明日は完売となっております。
土日の公演はまだお席がございますので、
ぜひともー!!!

iPhoneから送信

2016年9月28日水曜日

27日火曜日の公演(海組)が終わりましたー!

27日海組さんの公演が終わりました。
観に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。
終演後、ののBARにも来てくださいましてありがとうございます。
本日はうっかりすっかり写真を撮り忘れ、ののさんから頂きましたー!
後ろになにか心霊的なものが見えるっ!! と驚きましたが、
これはののBARでいつも投影しているフラメンコのビデオでございます。
ああ、びっくりした。
みなさまご来場ありがとうございました!


最新の予約状況でございますー!

28日水曜日20時風組 完売間近です。
29日木曜日20時海組 完売です。
30日金曜日20時風組 まだお席がございます。
10月1日土曜日14時風組 まだお席がございます。
        18時海組 まだお席がございます。
10月2日日曜日11時風組 まだお席がございます。
        14時海組 まだお席がございます。

観に来てくださったみなさま、半券の乗船券をぜひともご活用くださいませ!!

2016年9月27日火曜日

26日月曜日の公演(風組)が終わりましたー! 明日は完売でございます。

26日月曜日、風組さんの公演が終わりました!
ご来場くださいましたみなさま、本当にありがとうございました!
そして、終演後の、ののママのbarにも残ってくださってありがとうございます。


明日もののbarがございますので、みなさまぜひぜひ一杯引っ掛けてくださいませ!
明日は完売となっております。
当日券はキャンセル待ちとなります。
申し訳ございません。

予約状況です。
27日火曜日 完売です。
28日水曜日 まだお席がございます。
29日木曜日 完売間近です。
30日金曜日 まだお席がございます。
10月1日土曜日 14時 まだお席がございます。
         18時 まだお席がございます。
10月2日日曜日 11時 まだまだお席がございます。
         14時 完売間近です。

お席に限りがございますので、ぜひご予約くださいませー!!
お待ちしております。

2016年9月26日月曜日

初日が無事にあけましたー!

アートグラウンドcocoromiフェス、匿名さんは無事に千秋楽を迎えまして!
Plant Mは無事に初日をあけました!

ご来場くださいましたお客様、本当にありがとうございました!
このcocoromiフェスはですね、公演としては2団体の合同公演を上演しておりまして、
その他に、高校生や子どもたちへのワークショップも行っておったのでございます!!
 はい! そうなのですー!!
福谷くんは高校生を担当してくださいまして、
ワタクシは子どもたちを担当いたしました。
そちらも本当に学びました。
ワークショップをしに行って、 子どもたちに学ばせてもらいました。
ご協力くださいました皆様、本当にありがとうございました!

残すはPlant Mの公演となりました。
明日は20時から風組さんの公演となります。
終演後に毎回恒例の、ののさんのBARがございますので、みなさまぜひとも
一杯飲んでいってくださいませ!!
明日のご予約状況はあと残りわずかとなっております。
ご予約はおはやめにー!!

風組さんと海組さんは、全く、全然、いろいろと、違う舞台となっております。
海組さんがクラッシックで、風組さんはロック。
というのが一番ぴったりくる感じでございます。
大きなプランを作って稽古をしていく間で、俳優たちとやりとりをするなかで、
このふたつの違いがはっきり浮き上がって、それをさらにプランに組み込んでの
やりとりは新鮮で発見がたくさんで、
ああ、ダブルキャストって面白いなぁと思いました。
だからふたつ観なきゃいけないと思うのです。
はい。
観てくださーい。
ひとつでも面白いけれど、
ふたつ観たほうが絶対ステキだから!











2016年9月23日金曜日

予約状況でございますー!

「君ヲ泣ク」予約状況ですー!

はいー!!
もうすぐ本番でございますねー!!
今回も見切れなどのことあがりまして、お席に限りがございますので
お早めにご予約くださいませー!!
ご予約はこちらから。
http://ticket.corich.jp/apply/75988/

9月25日(日)13時海組さん 完売となりました。
        当日券はキャンセル待ちとなります。
9月25日(日)20時風組さん △ そろそろ・・・
9月26日(月)20時風組さん ○ まだまだお席がございます。
9月27日(火)20時海組さん ⬜︎ まだお席がございます。
9月28日(水)20時風組さん ⬜︎ まだお席がございます。
9月29日(木)20時海組さん 完売となりました。
9月30日(金)20時風組さん ○ まだまだお席がございます。
10月1日(土)14時風組さん △ そろそろ・・・
10月1日(土)18時海組さん ○ まだまだお席がございます。
10月2日(日)11時風組さん ◎ まだまだまだお席がございます。
10月2日(日)14日海組さん ○ まだまだお席がございます。




2016年9月22日木曜日

匿名さんとオリゴ党さん

仕込みが無事に終わりまして、Plant チームは今日からまたお稽古に戻りますー。
風組さんの弟はこんな感じ。


海組さんの弟はこんな感じ。


そして弟がかぶるカバの帽子は出口ここねさんから借りておりまして、
風組さんのお稽古が終わると(彼女は自らをかぜぐみさんという)

「ここのぼうしぃ」

と、カバの帽子を泣いてはなしませんでした。
そして弟のセリフである「しごとのじかんです」というセリフを練習している。
え!? ここねさん、弟役ねらいなの!?

あんまり泣くので、なんと次の日。
海組の三女、竜崎だいちゃんが・・・!!!
さるの帽子をプレゼントしてくれたのです!!!
あっさりとカバの帽子を貸してくれるようになりました。
りゅうちゃん、すごいな。
ありがとうございます。


そして今日からアートグランドcocoromiフェス、canの3階のアートグラウンcocoromiで始まりますー!
匿名さんは完売の日もあるのですが、金曜日、土曜日ならまだ少しお席があるそうですので急いでご予約くださいませー!
匿名劇壇
『戸惑えよ』

【場所】
アートグラウンドcocoromi(大阪)
 
【日時】
9/22(木)〜9/25(日) 
9/22(木)20:00
9/23(金)20:00
9/24(土)13:00/17:00
9/25(日)11:00(匿)/13:00(P )/18:00(匿)/20:00(P)
 
25日(日)はとの合同公演。(途中休憩あり・完全入替制)(別日公演の共通チケットの併用、いずれかの作品のみの購入も可)
受付開始、開場は開演の30分前。
 
【料金】
前売り 2,800円
当日 3,000円
高校生以下 500円(前売り、当日ともに)
共通チケット 5,000円(匿名劇壇とPlant Mの2公演観劇)
 
【チケットご予約】
 

そして、can tutkuでは、明日からオリゴ党さんの公演が始まりますー!
上の下もワッショイしておりますー!
皆様ぜひ西成へー!


オリゴ党第38回公演
『だれかのおとうと』
作・演出 岩橋貞典


《出演》
有馬ハル
誉田万里子
田中愛積
平賀のぞみ
神前愛

あゆみ(遊気舎)
東尾咲
若月咲弥(少年ピカレスクロマン)
出本雅博


《日時》
9月22日(木)19:30
9月23日(金)19:30
9月24日(土)15:30/19:30
9月25日(日)11:00/15:00


《料金》
前売 2,500円
当日 2,800円
学生 1,500円(当日のみ・要学生証提示)


《会場》
カフェ+ギャラリー can tutku(ジャン・トゥトゥクー)
〒557-0034
大阪市西成区松1-1-8 出口ビル1F


《アクセス》
大阪市営地下鉄四つ橋線「花園町駅」④出口より南へ徒歩3分
南海線・地下鉄堺筋線「天下茶屋駅」②出口より北へ徒歩6分

《問い合わせ・予約》
iwahashiorigo@yahoo.co.jp
090-1718-0015 (イワハシ)




 

2016年9月19日月曜日

土日のお稽古

土日のお稽古は朝から夕方までが風組さん。
夕方から夜までが海組さんというスケジュールとなっております。

海組さんのお稽古に、ハタチ族の西藤くんが遊びに来てくれました。
奈良でひとり芝居をするそうで、大阪にも寄ってくださいました!
毎年、木次のみなさんにはお世話になっております。
大阪西成におりたった西藤くん。
とっても大阪の地が似合っておりました。
お土産をいただきまして、この人、本当にちゃんとしていらっしゃいます。
バンカラに見えてガラス細工のように繊細。
奈良では、今年の夏に上演しました「one person play」です!
素敵!
つい先日は香川県で上演でした。
素敵!
西藤くんがいろんなところで名もなき男を演じてくれるのが嬉しいことでございます。
大阪でも上演したいものでございます。
いつかしら。
来年あたり?
それはまた西藤くんと相談いたします。


そして風組さんは朝から通し稽古を2回ほどいたしました。
写真はここねさんのお仕事姿を激写。
お芝居で使った小道具を拾うのが彼女の仕事になりました。
赤いぽっちりを拾っております。


明日も朝から夜までお稽古でございます。
なかなか良いものでございます。

2016年9月17日土曜日

みっつの衣装

今回のお衣装も、木次のチェリヴァのとき同様、ウェンディでございます。
ハタチ族の女子たちが着替えた姿をみて、ウェンディが、

「木次の妖精」

と言いました。
遠目ですが、こちらが木次の三姉妹たち。
妖精感がございます。
舞台美術も妖精感がございます。
白い波プランでございました。



そして今回の風組さんの衣装の一部がこちら。
か、カラフル!

そして海組さんの衣装の一部がこちら。
し、シックー!


お稽古が始まるまえに、ウェンディと心斎橋不二家で打ち合わせ。
いろいろと話したけれど最終的に落ち着いたのは、

「観てからにしましょう」

というウェンディの言葉に納得いたしました。
そして稽古場で観てもらってからサラサラとノートに彼が描いたものは、
ふたつとも全然タイプがちがうー! 
というデザインでした。
風組さんには風組さんの衣装が。
海組さんには海組さんの衣装が。
着る人間が違うんだもの。そりゃそうか、と。
 
稽古をしていても。
今回はプランは同じにして、
役者の違いがどこまで出るんだろうというのを試してみようと思ったわけでありますが。
演じる人が違えばなにもかも違ってくる。
当然です。

木次のときは、波に重きを置こうと考えました。
では、今回は。
前回のときにやりきれなかった境界線に重きを置こうと思ったのであります、が。
境界線の捉え方もそれぞれなのだなぁと。
見た目にわかる境界線もあれば、心の境界線ももちろんそれぞれで。
稽古をしていてその違いが面白いなと思うのであります。

演じる役者が違うから、それぞれが、

「これどうだ?」

と、投げかけてくるものも違って当然でございます。
その、これどうだ?
を、拾うのがこれまた楽しいわけであります。
結果、そうなるならプランごと変えよう、となるから2組とも全然違うものになるわけであります。ウェンディはそれを分かっていたのかしらと思うばかりでございます。

木次の妖精と、海組の賢者と、風組の老女子と、衣装を取り替えっこは出来ないなと思ったわけであります。

しかし不二家でのウェンディとの打ち合わせは普通に楽しいでございます。

2016年9月16日金曜日

そろそろ本番が近づいてまいりましたー!

そろそろ本番が近づいてまいりましたわね。
そしてあんなに真夏だったのに。
秋の気配が・・・・・・

小道具を作っておりましたら、ここねさんが

「できた? それできた? できたん?」

とさっそく使用具合を確かめてくれました。

お稽古が終わって海組さんが帰るときに、
りゅうちゃん家の新車とのご対面でございます。
か、か、か、かわいいー!
りゅうちゃん、似合ってる、似合ってるわよー!
と、わたしとののさんで連呼しておりました。


さてさて。
今回のお衣装もウェンディ。
役者さんが、
「あ、ここにポッケがあったら・・・」と言えば次の瞬間にはポッケが! 

「あ、ここ、ひっかかってもた・・・」と言えば次の瞬間には改善されてるー!!!

職人! 
職人を目の当たりにしております! 
職人素敵!
ウェンディ職人!
あ、これでは意味が違ってきそうですが。
 
海組さんと風組さんのお衣装ずいぶんと違います。
うっかり写真を撮り忘れておりますので今度のお稽古のときに必ず。

演じる俳優が変われば、そりゃあ同じにしようと思ってもならないに決まっております。
意図的に変える、ということを今回はせずにおこうとはじめたわけですが、
結果、稽古を重ねるたびに変わっていきました。
それがいいんです。
それこそが、たぶん、きっと、演劇なのだと思うわけであります。

Plant M  No.11  『君ヲ泣ク』 作・演出 樋口ミユ

出演
 
風組
長女…出口弥生
次女…ヤマサキエリカ
三女…大木実奈(noyR
弟…堀井和也
 
海組
長女…はたもとようこ(桃園会)
次女…ののあざみ
三女…竜崎だいち(羊とドラコ)
弟…橋本浩明
 
作・演出/樋口ミユ
舞台監督/ニシノトシヒロ
音響/近松祐貴(オリジナルテンポ)
照明/山口星(NEXT lighting)
舞台美術/柴田隆弘
衣裳/植田昇明(kasane
制作/尾崎商店
チラシデザイン/岸本昌也
 
※アートグラウンドcocoromiフェスの特典といたしまして、
 匿名劇壇との合同上演の日がございます。
 
2016年9月
22日(木)匿名劇壇 20時『戸惑えよ』
23
日(金)
匿名劇壇 20時『戸惑えよ』
24日(土)匿名劇壇  13時/17時『戸惑えよ』
25日(日)Plant M・匿名劇壇合同セット公演11時『戸惑えよ』     
                     13時『君ヲ泣ク』海組)
 
     Plant M・匿名劇壇合同セット公演18時『戸惑えよ』
                                                                                 20時『君ヲ泣ク』(風組)
 
26日(月)Plant M  20 『君ヲ泣ク』(風組)
27
日(火)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(海組)
28
日(水)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(風組)
29
日(木)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(海組)
30
日(金)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(風組)

2016年10

1
日(土)Plant M  14
『君ヲ泣ク』(風組)18『君ヲ泣ク』(海組)
2
日(日)Plant M   11時
『君ヲ泣ク』(風組)/14時『君ヲ泣ク』(海組)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間30分
 
場所 アートグラウンドcocoromi
 
前売り2800円(9月1日開始)
当日3000
高校生以下前売り当日ともに500
アートグラウンドcocoromiフェス共通チケット5000
(匿名劇壇とplant MA,Bどちらかの2公演)

ダブルキャストになっておりますので、海、風、ともに両方観てもらえると割引がございます。
半券に割引クーポンがついてございます。
ぜひご活用くださいませ。

 




2016年9月15日木曜日

君ヲ泣クお得情報

さてさてお得情報でございます。

今回も早割チケットをつくりまして、こちらは前売り2800円よりもさらにお安く、
2500円というお求めやすいお値段でございました。
早割というだけあって8月31日までのご予約された方のみでございます。

もうひとつ、 今回はお得な割引がございます。
共通チケットでございます。
匿名さんとPlant Mの共通チケットをお求めになりますと、なんと早割と同じお求めやすいお値段と同じになるのでございま(1団体2500円となります)

おトクー!!!

ですが。
ワタクシ。
すっかり忘れておりました。
ええ。
すっかり。
いろんな方が、

「風組さんをを観て、海も観るとなにかお得なことはないの?」

と、聞いてくださいました。。。。
ああ。そう。
そうだったわ……!

作ります!!
おトクなことを作ります!!
というわけで。
今回の『君ヲ泣ク』のチケットの半券は、なんと乗船券でございます。
毎回チケットの半券がわりにナニかをご来場くださいました皆様にお渡ししております。
それを考えるのは出口さんのお仕事でございます。
ビー玉の時もありました。
紙の船の時もありましたね。
※領収書が必要な方はぜひ受付でお申し付けくださいませ。
今回は乗船券。
観に来て下さった方のみにお渡しする半券、お得クーポンつきでございます。
風組さんを観に来てくださった方は、もう片方の海組さんを、
海組さんを観に来てくださった方は、もう片方の風組さんを、
早割と同じ料金で観劇できるクーポンがついております!
観劇する日時をお帰りの際に受付までお申し付けくださいませ。
※当日に来てくださった方は、ご予約の方からお席にご案内しますのでお席がない場合はご案内できませんので、出来るだけ観劇の日時をお知らせくださいませ。
※受付でも承りますが、plant.miyu@gmail.comでも承ります。

そしてさらに!
もうひとつお得クーポンがついております!
同じ時期に、1階のcan tutkuで公演していらっしゃる演劇ユニット・チーム銀河さんの観劇割引クーポンです!!!

せっかく同じ時期に同じ建物のなかで公演しているのでお得割引をつくってみました。

演劇ユニット・チーム銀河第3回コラボ企画の詳細です。
どんどこお芝居のハシゴをいたしましょー!

『レミゼって呼ばないで〜または、本を飛び出したジャン・バルジャンの華麗な冒険』

作者の書いた人生を生きるのが嫌になったジャン・バルジャンが、21世紀の日本に突如現われ、場末の喫茶店に住み込みで働きはじめる。
恋あり、歌あり、笑いあり、革命ありの一大ロマン!?
日時
2016年9月30日(金)19時30分
2016年10月1日(土)12時/16時/19時30分
2016年10月2日(日)12時/16時

チケット 全席自由・日時指定
一般 : 前売り2,500円、当日3,000円
25歳以下・障碍者 : 前売り2,000円、当日 2,500円
更にジャン・トゥトゥクー3階のアートグラウンドcocoromiで同時上演のPlantM「君ヲ泣ク」(9月26日〜10月2日)のチケット持参のお客さまは上記料金から500円引き。*PlantMでも当公演のチケット持参で当日券が500円引き。
ご予約・お問い合わせ
・カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/lesmis
・チーム銀河サイト http://toura-h.wix.com/team-ginga
・メール teamginga06@gmail.com (チーム銀河)
・電話 050-3699-3171 (モンゴルズシアターカンパニー)
作 :東浦弘樹(チーム銀河)
演出:増田 雄(モンゴルズシアターカンパニー)









2016年9月14日水曜日

橋本浩明

はしー。
橋本浩明くん。
海組さんの弟でございます。

なんどもPlantの、この役者さん紹介に登場するはしーでございます。
体の中をひゅうひゅう風が吹き抜けるくらい、
ぽっかり空洞が空いてそうにみえるはしーですが、
それは時に空洞で、時にマグマで、時に炎で、時に潮風で、時に激流で、
あんがい荒れ狂う心模様だと思われます。
荒れ狂う。
この、「荒れ」、「狂う」の、「狂う」がチラリとこぼれみえる時、
はしーは輝くのだと思っておるのであります。
ぐるぐる駆け巡る思考が、はしーの体を忙しくしております。
ぴくりとも動かずとも、忙しく生きている体になるわけであります。

はしーは、例えばしぼんだ風船のようになったとしても、
台本を手に握らせると、むくむく、しぼんだはずの風船が、
みるみる、むくむく、みるみる、むくむく、みるみるうちに、
ふくあがります。
そんで、ふわっと。
ふわっと、5ミリほど地面から浮きます。
実際に浮いているわけではなくて、浮いているように、みえるのでございます。

海組さんのお姉さんたちは、地球で暮らし地球で生まれて地球で生きているおねえやんたちでございますが、この橋本くん弟は、おねえやんたちにバレてはいないけれど、
ほんのちょっと5ミリくらいだけ浮いているのです。

海組さんのなかで、この弟の橋本くんだけが、少しだけ違う星にいる感じです。
それが、なんだか海組さんのおねえやんとマッチするんでございます。

そうそう。
ワタクシは密かに、はしーのことを、

「優しい狂人」と呼んでおります。



明日は、海組さん、風組さんを両方観るならお得情報をご説明いたしますー!

2016年9月13日火曜日

堀井和也

ホーリーと呼んでおります、堀井和也くん。
ホーリーはアカデミーの4期生です。
関西出身者でございまして、
アカデミーを修了して関西に戻ってお芝居をやっておられるのであります。
とはいうものの、ホーリーはフットワーク軽く東京行ったり三重に行ったりいたします。
今日は大阪でホーリーを見かけ、明日は東京で見かけたりすることもあるでしょう。

ホーリーは風組さんの弟さんでございます。
落ち着いたかんじのホーリーでございますが、今回の座組のなかで一番年下でございます。
あまりの落ち着きっぷりに、
ホーリー30歳説というのがワタクシたちのなかで
浮上いたしましたが、ガゼネタでございました。

異星人たちのような姉に囲まれる弟でございます。
3人のおねいちゃんたちが奇怪で、
風組のなかの唯一の地に足つけている地球人だと、
はじめは思っていたのですが。

いや・・・・・・違うな・・・・・・

ホーリーも別の惑星の人でございます。
ワタクシ、最近それがわかってきたようでございます。
ふふ。

ホーリーは、 なにかを投げかけると必ず自分の変化球にして、
投げ返してきてくれます。

「いや、なんも考えてないですけど」

とは言うものの。
考えるという前の、なにかが、彼のなかで生まれるのだろうと思うのです。
言葉で説明するまえのなにかが、彼を動かすわけであります。

と、ワタクシは思うのであります。


2016年9月12日月曜日

はたもとようこ

桃園会のはたもとさんでございます。
海組さんの長女でございます。

実生活も長女なのですかとお聞きしましたら、
次女さんだそうです。
ワタクシは勝手に長女だと思い込んでおりました。
今回の座組では一番おねえやんでございます。
年上の役者さんと一緒に創作できるっていうのがとても勉強になります。
同じように、年下の役者さんと一緒というのもこれまた勉強になります。
今回もありがたいことに年下から年上まで幅ヒロでございます!

今回、海組さんのほうが、ちょい、ちょい、ちょいちょい大人チームでございます。
大阪で「君ヲ泣ク」を上演しようと決めたときから、
次女のののさんよりも年上の女子をナメるように探しておりました。
そしてののさんよりもハクリョクなおねえやんを探しておりました。

は・・・は・・・は・・・・はたもとさん・・・・・・

はたもとさんやー!!!

そう気がついた時、ワタクシは仁王立ちになりました。
わー! ピピンときたでー!!!
というわけでございます。
海組さんと風組さんのお名前をつけたときに、
はたもとさんって海みたいやなぁとぼんやりと思ったのでございます。
広くて、でっかい。

そしてお稽古がはじまりまして、
はたもとさんはやっぱり海みたいに広くてでっかいのでございます。
穏やかな海。
夜の静かな海。
月夜の海。
真夏の真昼の海、というよりかは暮れていく夏の終わりの海。
少し肌寒い朝の海。

海だから、大きな波が起きます。
ただ、 荒れ狂う乱暴な波の海、みたいな大波ではなく。
はたもとさんの大きな波は、
哀しみの海の大波でございます。
涙が集まって海になったようです。

ああ抽象的すぎてなんのことだか、と思った方はぜひ観に来てくださいませ。


2016年9月11日日曜日

出口弥生

風組さんの長女、出口弥生さん。
ののさんと同じく、劇団時代から創作を続けております。
20代のころの出口さんと、
30歳を過ぎてからの出口さんは、
見た目にはかわりないのですが、中身がまったく違います。

まるでUFOに連れ去られたあと人が変わってしまった、みたいな。
脳の病気で前頭葉とかが圧迫されて人格が豹変してしまった、みたいな。
浮遊していた別の魂が体を乗っとってしまった、みたいな。

そのくらい別人となっております。
自分に正直に生きよう・・・・・・!
と、心に決めたかどうかは知りませんが。
余計なストレスを抱えることをやめたのは間違いございません。

そうそう。
出口さんのお子さん、出口ここねはつい最近3歳になりました。
ふしぎなもんです。
ここねさんは2013年まではこの世に存在しておりませんでした。
ふしぎなもんですね。
でも、今はここにいる。ずいぶんと大きくなって。

ということで2013年以降、出口さんは経産婦女優となりました。
経産婦女優。
いい響きでございますわね。
昼間は子どもの世話と遊びとご飯をつくり、
寝かしつけてからベッドの片隅で台本を小さな灯りで読み解く経産婦女優。
 
「産むまえと比べて台詞を覚えるのがハンパないくらい時間がかかるぜ、くっそう」

歯を食いしばりながら頭に叩き込む経産婦女優。

出口さんは、 いつも変化球を投げてきます。
これはどうだ?
この考え方はどうだ?
こっちはどうだ?
それに乗っかると相手の俳優が自由になったりします。
逆に、出口さんが不安定だとなぜか相手の俳優も不安定になったりするのです。
強いてはお芝居全体が不安定になったりするのです。
足場、土台、大地、みたいな感じでございましょうか。
いいですね。
足場女優。
経産婦女優よりもしっくりきます。
足場女優。
今度からぜひプロフィールに追加していただいきたものでございます。


2016年9月10日土曜日

ののあざみ

ののあざみさんです。
Plant Mにたくさん出演してくれております。
劇団のころから一緒に創作をしておりますが、
たぶん、ののさんもワタクシも、たくさん変化いたしました。
というか。
変化という言葉が的確かどうか。
変わって化ける、と書きますが。
うーん、そうではない感じがいたします。

はい。で、よくよく考えると、
根っこが現れた、と言ったほうが合っているかもしれません。
時間をかけて、本来に戻った、と言いましょうか。

どこで聞いたのか忘れましたが、
仏像を彫る人が、こういう仏像を創ろうと、象ってノミを動かすわけではなくて、
木の中に埋まっている仏像を取り出しているだけだ、
とおっしゃることがあるという。

それだな、と思うのです。
10代とか20代とか、自分がどんな人間なのか、一所懸命ノミをふるって形を整えてようとやっきになるのでございますが、どうもしっくりこない。
イメージとしての自分像と、本来のものが、なんだか合ってないように思えて居心地が悪い。でも、削る削る削る。

そうすると、もともと埋まっているものがチラリと見えたりした。
あー、そう。
もともと、コレが埋まっていたのね……

という本来を発見したような感じでございます。
まったく抽象的で申し訳ございません。

シンプルに言いますと、

「ひろたん、気強いな」
「ええ! わたしほど気弱い人間おらんで。めっちゃ気使うやで」
「うん、知ってる。でも気強いな」
「ええ! わたしほど気弱い人間おらんで。めっちゃ気使うやで」
「ひろたん、気強いな」

これを延々と繰り返す会話が最近多くなりました。

実は、
自分、不器用っすから。
という硬派高倉さまのような人でございます。

自分が立てる軸をはっきりさせる。
させないと、逆に立てないから死んでも嘘っこ軸は作らない。

自分、不器用すっから。


2016年9月9日金曜日

ヤマサキエリカ

エリカの花言葉は、博愛、良い言葉、孤独、寂しさ、裏切り、私らしくありたい。
などなど。

どうやら色別の花言葉もあるらしく、
白色は幸せな愛を、
紫色は閑静、
だそうです。

「エリカの花散るとき」を思わず口ずさんでしまうアナタ。
ワタクシは、口ずさめるほど熟してはおりませんが。

トランスパンダさんに出演されているときに客席からエリカ嬢を観ておりまして。
なんだか気になって。
なぜだか説明できないのですが、気になって、心のどこかに引っかかっておりました。
気になる役者さんは、気になるひと・心のリストに書き込みます。
なにかが触れたから気になるわけでありますので、
きっといつかどこかで繋がるんだろう・・・・・・
と、本気で思っております。
というわけで、

今回、初めてエリカさんと創作をするわけであります。
三人姉妹のなかで、唯一の既婚者。家庭持ち。旦那と子どもと舅と姑がいる。
複雑そうな女の人、次女でございます。
この、「複雑そう」というワタクシのなかのキーワードに、
気になるひと・心のリストのエリカさんがピカピカ光ったのでございます。

そっと防御の壁を薄い膜で作っているようにみえて、実は内臓剥き出し。
天真爛漫天衣無縫、だけど深爪すぎて指先から血が出ているのを
握りこぶしで隠している。
生まれはアンドロメダ銀河なのに、地球語が分かる。
そんな感じでございます。
まったくわかりませんでしょうか。
ワタクシはしっくりきております。
つまり、複雑そうなひとほど魅力的だというわけであります。
そしてエリカの花言葉になんだかうなづいてしまうわけであります。

パカッと口を大きくあけて笑うとき、出口ここた顔まけの笑顔が弾けます。
それが、ふとテキストに目を落とす瞬間にギザギザの刃に見えることがあります。
狂気の風が吹くのを感じるわけであります。

その場のリアルタイムを生きる柔軟度180パー。


2016年9月8日木曜日

竜崎だいち

りゅうちゃん。
毎年の彩雲リーディングでも劇作家のりゅうちゃんにお世話になっております。

竜崎だいち。
羊とドラコという演劇ソロユニットで活躍中でございます。


 数年前に、サッカリンでご一緒したことがございます。
その時、とても清々しさが印象的でございました。
あれは何年前だったのでございましょうか。
りゅうちゃんから溢れまくる、キラキラの少年のような少女のような煌きと輝きが、
眩しゅうございました。
キラキラのりゅうちゃんも、もちろんすてきだったのですが。
去年あたりだったでしょうか。。。
久しぶりに彩雲の公演に遊びに来てくれた時に、
本当に久しぶりに会ったせいもあるのでしょうが、
少年少女のりゅうちゃんがっ!
大人女子になっていたことに、ワタクシ、大変驚きましたのでございます!!

あれをなんと表現したらよいのでしょうか。
懸命に生きてきた女子が纏う衣というものがございます。
35才を超えたあたりから溢れ出る空気とオーラというのでございましょうか。
でもやっぱり大人りゅうちゃんも清々しいのでございます。
その微妙なバランスがなんだかとっても魅力でした。

今回は海組さんの三女を演じてもらいます。
海組さんも、長女と次女はすでに決定しておりまして、
さあどーするかなぁ。
姉たちに負けないような女傑っぷりのいい女子を探そうか?
いや、いっそ全く正反対の子を?
やっぱりなにかとスケールが大きい女子がいいのかしら?

そこで。
りゅうちゃんです。

清々しさはグツグツ煮えたぎるエナジーがもとなんです。
爆発的パワーがこの清々しさを支えているわけであります。
あの微妙な魅力を!!
末っ子のパワー。憎めないのが末っ子。
またまた並べてみました。
はたもとさん、ののさん、そしてりゅうちゃん。
ああ、大海原のように力強い三人姉妹ができました!!
ああ、偶然にもみんなお名前がひらがなばっかり。








2016年9月7日水曜日

大木実奈

大木実奈ちゃん。
東京を中心に活動しているnoyRというユニットで活動していらっしゃいます。
ワタクシも何度かご一緒させていただいております。
そうそう、今年の12月も東京の古民家にてnoyRのみなさんと一緒に
『ハムレット』を上演いたします。

実奈ちゃんは座・高円寺の劇場創造アカデミーの三期生です。
ワタクシは二期でございますが、
三期さんの1年目の授業のいくつかを受講していたので、
一緒に授業も受けたことがございます。

実奈ちゃんたちが修了上演のお稽古をしていた時は、
ワタクシ、演出助手でお手伝いしておりましたので実奈ちゃんや三期生さんの奮闘っぷりをまじかで見ておりました。
そんでもって、修了したあとに三期生の吉川くんと仲道くんと3人で
noyRというユニットを結成されましたとさ。

実奈ちゃんは、今回は風組さんの三女を演じてくれます。
風組さんの長女と次女が決定したころに、
ならば三女は誰がいいのだろう、と悩んでおりました。
おねいちゃんがでぐっさんで、
ちいねえちゃんがエリカちゃんで、
その三女って・・・・・・

とにかく20代女子じゃないとっ!

20代女子、20代女子、20代女子・・・!

と、つぶやきながらワカモノたちを物色しておりました。

食べあわせ、というか、組合わせとは大事だなぁといつも思うのでございます。
普通っぽいのに普通じゃない感じの女子。
でぐっさんもエリカさんも地球人っぽくないから、
地球じゃなくてもういっそ別の惑星の人を・・・・・・
金星とか木星とか・・・・・・

あ。

でぐっさんの横にエリカさんを並べて、
その隣に、実奈ちゃんを並べてみました。
おお・・・・・・!
三姉妹になったー!!!

というわけで、実奈ちゃんには1ヶ月ほど大阪に滞在してもらうことになりました。
すでにここねさんは「みーなちゃん、みーなちゃん」と慕っております。

実奈ちゃんは道を見つけます。
この登場人物がどの道を歩くのか。
自分がどの道を歩くとこの登場人物と一緒に歩んでいけるのか。
道を見つけると、 ずんずん進みます。
たまに道に迷うと、「ふぉおおおおお」と妙な声を出して苦悩します。
でもすぐに道を見つけなおしてずんずん進むのです。


2016年9月5日月曜日

おおおっ!

アートグラウンドcocoromiの入り口がMANくんにより、
さらにポップに彩られましたー!
すすすすす、すてきー!!!

  

矢印つけてくれました。
こういうところが素敵です、MANくん。


こちらは途中経過でございます。


このような絵の具で描かれます。 


こちらの途中経過。 


そしてその扉の中ではお稽古が繰り広げられております。


ごろんとひっくりかえった橋本くんの鼻に指を突っ込んだら驚いていました。


 こちらは唯一のお休みの日に、エイチエムピーさんに客演しているセクシーきしもんと
実奈ちゃんと3人でココロームでお茶のひととき。
八百屋のおじいにりんごをもらう。
大阪なのにこの3人でお茶するってのいうのはレアでございますわね。


9月4日、日曜日。
午前中は、西成区にある、こどもの里さんにワークショップに行ってまいりました。
実奈ちゃんにアシスタントになっていただきました。
刺激と課題がたくさんありました。
今度はああやってみよう、こうやってみよう、
と。
思うことたくさんでした。
ああ、縁でございます。
感謝。

2016年9月2日金曜日

9月1日から一般チケット発売でーす。

さて。
早割チケット販売は終了いたしました。

がっ!

匿名さんとPlantさんの合同セット公演をご購入されますと、
早割と同じようにお得でございます!
ぜひぜひー!

この合同セットチケットはですね、
25日のみでは、ございません!

観たい公演日時を選べるのでございます!
例えば、22日に匿名さんを観て、
10月2日にPlant Mを観る、ということもできます。
選べるんでございます!

1日にまとめて観るなら25日が便利でございます。
ぜひぜひー!


 
前売り2800円(9月1日開始)
当日3000
高校生以下前売り当日ともに500
アートグラウンドcocoromiフェス共通チケット5000
(匿名劇壇とplant MA,Bどちらかの2公演)
 
 
22日(木)匿名劇壇 20時『戸惑えよ』
23
日(金)
匿名劇壇 20時『戸惑えよ』
24日(土)匿名劇壇  13時/17時『戸惑えよ』
25日(日)Plant M・匿名劇壇合同セット公演11時『戸惑えよ』/13時『君ヲ泣ク』海組)
     Plant M・匿名劇壇合同セット公演18時『戸惑えよ』/20時『君ヲ泣ク』(風組)
26日(月)Plant M  20 『君ヲ泣ク』(風組)
27
日(火)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(海組)
28
日(水)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(風組)
29
日(木)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(海組)
30
日(金)Plant M  20
『君ヲ泣ク』(風組)

2016年10

1
日(土)Plant M  14
『君ヲ泣ク』(風組)18『君ヲ泣ク』(海組)
2
日(日)Plant M   11時
『君ヲ泣ク』(風組)/14時『君ヲ泣ク』(海組)
 
※受付開始、開場は上演の30分前。
※未就学児童のご入場はご相談ください。
※上演予定時間1時間10分
 
場所 アートグラウンドcocoromi
 
 
前売り2800円(9月1日開始)
当日3000
高校生以下前売り当日ともに500
アートグラウンドcocoromiフェス共通チケット5000円(匿名劇壇とplant MA,Bどちらかの2公演)

2016年9月1日木曜日

稽古がしたいと泣く

今日の朝起きたら、なぜかここねさんが、

「ここ、かぜぐみさんやねん」

と、言いました。

そうか、風組さんなんだねと復唱してcan tutkuへと向かいます。
3階のococromiに行きますと、ここねさんもついてきまして、
入り口にある平台をみて、

「なんでここにひらだいあるん?」

いま、ひらだいって言いまして?
いつ覚えたのですか?
これは教えた記憶はございませんわよ。
しかも2階にあったのが移動されていることに気づいたのですね。

そして、そろそろ稽古が始まるころに、くよしパパがお迎えに来てくれるのですが、

「いや、かえらん。ここ、けいこする」

と言い張る。
そして舞台上へとあがろうといたします。

「ここ、今回はここはキャスティングされていないからな、客席で観てようか」

とワタクシが説明しますと号泣。

「 ここも、ここも、ここも……!」

そしてくによしパパに抱きかかえられ、稽古場を去るとき、
両手を突き出して泣きながら叫びました。

「ここ、ここ、稽古、お稽古したい! お稽古、したいーーーー……!」

冷静なエリカ嬢が言いました。

「泣きながら、稽古したいとな……役者の鑑やな」

さてさて、ではここねさんのぶんも、がんばりましょう。