このブログを検索

2015年12月28日月曜日

今年もそろそろ終わりとなるそうでございますわね。

師走でございます。
今年もあと数日で終わるそうですわね。
忙しいこの年末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシはといえば、毎年の冬に恒例となりました腸炎にかかりましたね。
漏れなくかかりますわね。
寒い上に、忘年会やらいろいろと食べる機会が多くなるからでしょうか。
腸は強気なのですが、いかんせん 胃が弱虫でございまして。
一度にたくさん食べられない。
食べるともう胃が痛い。
でもすぐにお腹が減る。
そしてちょい食いしかできない。
燃費がいいのか、悪いのか。
悪いのか。
ノロでなかったのが幸いでしたわね。
いいや、もしかしたらノロだったのかもしれない。
やけに免疫がついていて、治りがはやかったのかもしれない。
この年末、皆様胃腸をお大事に。
太田胃散、いい薬です。

2015年。
ワタクシ、振り返るのはガラじゃございません。
前進しか知りませんので。
それでも振り返りたくなります。
23日はお別れ会に行って参りました。
振り返れば、ありがとうばかりです。
全てのことに感謝して。
皆様、よいお年を。
明日もきっと晴れだ。






2015年12月21日月曜日

「かもめ」が終わりました!

ノイルの「かもめ」が無事に終了いたしましたー!!

ご来場くださいましたみなさま、ほんとに本当にありがとうございました!!

今回も、ノイルさんに誘ってもろて感謝でございます。素敵なユニットでございます。
いろんな人たちがノイルのまわりに集まってきます。それを、ワタクシたちは、

「ずん徳」

と、呼んでおります。
ノイルのプロデューサーの吉川つんの人徳、、、
略して、ずん徳。

そして、ラブリーな3人の役者さんたち。
また一緒になにかしてくだせい。

今年のPlant Mのクリエイションは、この「かもめ」で終了でございます。
来年は、「祭礼」で始まります!

大阪でも東京でも島根でも、たくさんのみなさんと創作できて、刺激をもらって、本当にありがとうございました。
ああ、お芝居って、ひとりじゃできない。


iPhoneから送信

2015年12月20日日曜日

初日が無事にあけましてー!

無事に初日のあけまして、
初日乾杯でカンパーイ。
そして、今日が楽日でございます。
あーん! もったないないおばけがでますー!

昨日は3回公演でございました。
ワタクシはといえば、
役者のみなさんに、
湯船に浸かりましょうキャンペーンしたくせに、自分は家に帰ってそのままソファに突っ伏してスイッチが切れるというダメ人間っぷりを発揮いたしました。

・・・朝に湯船に浸かる贅沢さ。。。

2015年12月19日土曜日

仕込みです!!

仕込みが着々と進みまして、
お昼ご飯を食べまして、
場当たりしまして、
夜ご飯を食べまして、
ゲネりまして、
無事仕込みが終わりました!!
あとは空間ともっと仲良しになることでございます!

お昼ご飯にピロシキ。
夜ご飯は鳥蒸しご飯。
おいしくてみんなまったりしてしまう。
あったかくてほっこりしてしまう。
いかん、すぐには働けないかもしれん!
そう、だから仕込みの日はお弁当が主流なんだと、はたと気がつく……
まったりしてしまったら腰があがらんのだ!!
効率をよくするために、お弁当なのか!!!


入り口から見たらこんな感じでございます。


ケーキドームの中に宝物のようにセットしております。


照明がはいりましたー!


お衣装が素敵でございます。


さてさて、 チケット情報でございます。

いよいよ明日から本番となります。おかげさまで、『かもめ』全ステージチケットが完売となっていましたが、当日立ち見券(2,500円)を以下のステージで販売出来ることとなりました。
上演時間は90分程度となります。どうぞご検討ください。
<当日立ち見券※先着順>
〇19日[土]12:00開演 当日立ち見券 3枚
15:30開演 当日立ち見券 3枚
19:00開演 当日立ち見券 3枚
〇20日[日]14:00開演 当日立ち見券 3枚
18:00開演 販売なし
※当日立ち見券は先着順となります。

2015年12月16日水曜日

19日(土)15:30分、20日(日)14時、こちらもそろそろー

どちらも夜の回は完売してしまいました。
が、そろそろ。
15時30分と14時の回も完売しそうな雰囲気でございます。
12時の回がまだ少し余裕がございます。
完売してしまう前にぜひともお早めのご予約をー!

チケット残数状況。
〇19日[土]
・12:00開演 〇(9枚程度) 
・15:30開演 ▲(4枚程度)
・19:00開演 ✖
〇20日[日]
・14:00開演 ▲(2枚程度)
・18:00開演 ✖

コツコツやっております。
コツコツ。
毎日が変化でございます。
「かもめ」のお稽古は11月の、「紙の船、」が終わってすぐに始まりました。
一番最初の頃のお稽古から、今を見ると、ゴォーンと変容していてびっくりでございます。
が、毎日毎日コツコツすすむと、そんなに進んでないのかなぁ、とか思うのですが、
振り返るとはるかな道のりが見えます!
ここまできたー!
てな感じでございます。
ノイルの現場はいつも刺激でございます。
Plant Mではきっとしないだろうなという素材を
プロデューサーつんがぶっこんできてくれるのです。
お芝居をするときには毎回思うことなのですが、
このメンバーじゃなきゃこうはならなかった! 
というのがとても素敵。
今回の「かもめ」も、この3人じゃなきゃここまで来れなかったー!
と、にやにやしながら電車に揺られての稽古帰りでございました。



2015年12月15日火曜日

19日(土)19時、20日(日)18時は完売いたしました。

豊橋からプロデューサーのつんさんが来てくれましたー!
そしてガンガンお稽古の写真を撮ってくれます。
素敵写真。

チケットは 19日(土)19時、20日(日)18時は完売いたしました。
19日(土)の12時の回はまだ少しだけ余裕がございます。
お早めのご予約をー!!

19日は3回公演でございまして、
集中力がとっても必要になります。
集中、集中、集中。
集中さえすればナンでもできる!


稽古をしているときに、眼差しトライアングルができました。
トリゴーリンを見るニーナ。
ニーナを見るトレープレフ。
トレープレフを見るマーシャ。
 

そして舞台監督の牧ちゃんがパウンドケーキを作ってきてくれました。

「いつ作ったの?」
と聞いたら、
「今朝」

今朝……?
今朝!?

ケーキって休日の昼下がりに作るものじゃなかったのか!?


大変美味しゅうございました。
マーブルパウンドケーキですよ。
2種類の生地がマーブってる。
今朝から2種類の生地をつくって混ぜて焼くって、
優しいママじゃないか!
ごちそうさまです。

演劇ユニットnoyR vol.4『かもめ』
『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれる『かもめ』を喪服のマーシャの視点からたった3人で描く。
◎原作:アントン・チェーホフ
◎構成・演出=樋口ミユ(Plant M)
◎出演=大木実奈、小野寺ずる(ロ字ック)、岸本昌也
◎日時=12月19日[土]12時開演・15時30分開演・19時開演
       20日[日]14時開演・18時開演
◎会場=Livingood Cafe 高円寺 (東京都杉並区高円寺北2-36-10)
◎料金【全席自由】
◎一般前売=2,000円  当日=2,500円
◎チケット取扱い・お問合せ
☎=090-4741-0041(演劇ユニットnoyR制作)
WEB =http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=2c523831f8(チケット予約のみ・24時間受付)

2015年12月13日日曜日

リビングカフェに全員集合です

全員集合でございます!
いえ、要のプロデューサーつんさんは勤務中ですので今日はいらっしゃいません。
つんさん以外の「かもめ」メンバーが揃いましたー!
リビングカフェの前でございます。


中はこんなふう。

まきちゃんは、せっせこ写真を撮ってくれています。



カウンターの上でございます。


ずるちゃんときしもん。









女子たちの戯れ。

照明のゆう先輩は、

「見えた……!」

なんて頼もしいのでしょうか!!
さて明日もまたお稽古いたしましょー!

2015年12月12日土曜日

音響の桜井くん登場。

来週の週末はとうとう本番がやってまいります!
実奈さんは、あああああ、と雄叫びをあげておりましたが、
もう明日本番と言われても、どんと来いでございます。

今日は音響の桜井くんが来てくれました。
セクシーすぎる音響。
ずるちゃんは桜井くんと初対面でございまして、
ご紹介するときにワタクシの妄想映像を入れ込んでのご紹介となりました。

「桜井くんはね、ナイフで突き刺されてお腹から血が流れて血だらけになって路上で座り込んでるのに、“あー、いってぇ”とか半分笑って言いながらポケットからたばこを出して吸うような人なんだよ」

※そんな事実は一切ございません。あくまで当社イメージでございます。

傷だらけの天使。

毎度のことですが、「こんなことできるかしら?」と無理難題をぶっこみます。
そして毎度のことですが、「面白そう」とふわりとフットワーク軽く受け止めてくれます。

ノイルの音響照明は男前揃いでございます。

さて今回は、
ずるちゃんは、地球の地上にいる人。
実奈ちゃんは金星にいる人。
きしもんは別の銀河系の人。
そのくらい、三者三様でございます。
それを、同じように均していくのは無粋だなと思いまして。
小さな空間に、でっかい宇宙を詰め込むのだと思えばいいかと、
稽古をスタートしたわけでございます。

そしてとうとう本日!!
宇宙銀河系ステーションは開通したのであります!!
お昼からの稽古で、あー、これもうお芝居じゃなくなったぁ、と思った瞬間がありました。役者が自由に走り出した瞬間でございます。
だけどナゾらないように、ナゾらないように、いつでもファーストタイムでございます!

お席に限りがございますので、お早めにご予約をどうぞー!
来週になると一気に埋まり始めますのでー!

​演劇ユニットnoyR vol.4『かもめ』
『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれる『かもめ』を喪服のマーシャの視点からたった3人で描く。
◎原作:アントン・チェーホフ
◎構成・演出=樋口ミユ(Plant M)
◎出演=大木実奈、小野寺ずる(ロ字ック)、岸本昌也
◎日時=12月19日[土]12時開演・15時30分開演・19時開演
       20日[日]14時開演・18時開演
◎会場=Livingood Cafe 高円寺 (東京都杉並区高円寺北2-36-10)
◎料金【全席自由】
◎一般前売=2,000円  当日=2,500円
◎チケット取扱い・お問合せ
☎=090-4741-0041(演劇ユニットnoyR制作)
WEB =http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=2c523831f8(チケット予約のみ・24時間受付)
 
 

ゆう先輩登場

本日は、照明のゆう先輩が来てくださいましたー!
iPhoneで通しを録画し、万全でございます。
がっ!!

「……場所見てからだね」

ええ、そのとおりでございます。
劇場ではございませんのでね。
カフェ空間でございますのでね。

「全部用意しておいて、そこからいらないものをとっていこうかと思う」

おお。
おおおお。
いつもいつも、ゆう先輩の照明には助けられております。
でも支える、という感じではなくて、
これどうだってものをぶっこんできてくださいます。
それが刺激的でまた素晴らしいんでございますのよ!

制作お手伝いの萌ちゃん、と書いてめぐみと読みます。
萌ちゃんが稽古風景を激写してくれました。
激写激写激写!!!

明日は音響の男前、桜井くんが来てくれます。











2015年12月11日金曜日

ニベアとsunny

足のケガからもう一か月以上すぎようとしておりますが、、、

なかなか痛いものでございます。
もういいだろうと観劇を二回ほどいたしましたが、、、なかなかねー!!!
椅子にじっと座るとは、なかなかねー!!!
人間の体はすごいな。
いつも平気で出来ていることが、なかなかねー!!!

お稽古のときはウロウロしているので、固まることもないのですが。
そんでも、少しずつ少しずつ、よくなっております。亀の歩みだけど、少しずつ。

久々にニベア青缶を買いました。
松本大洋のsunnyを最後まで読んで、読み返して、買いたくなりました。
こどものほっぺたを描かせたら最高。

2015年12月9日水曜日

演劇同伴。

お稽古ずんずんでございます。
さてさて、ノイルでは上演の他にまち歩きというイベントをご用意しております。
まち、歩き……?
いっとき、よく行われたイベントでございますわね。
ただ、ワタクシとしては「まち歩き」という言葉ではなく、
こちらの言葉を使いたいと思います。

演劇同伴。

きれいなお姉ちゃんとデートさながら、行き着くさきはお姉ちゃんの勤務するお店。
そう、同伴です。
町を歩いて行き着く先は、「かもめ」の上演場所でございます。
今回は、実奈ちゃんがデートの相手、いやいや、エスコートしてくれるそうです。
こちらも人数に限りがあるそうなのでお早めのご予約を。
応募多数となりますと締め切られてしまいます。

【noyR新企画!情報公開!参加者募集!】
まち+noyR『大木のいる風景』
noyRメンバーの大木実奈による約90分の高円寺まち歩き(高円寺・まち歩き&お食事)を行います。
大木ガイドからメッセージ――――――
私とゆるやかに高円寺の街を散歩しましょう。
一緒に高円寺土産を探したり、買い食いなんかしながら、
お寺行ったりしてちょっと疲れたら、名曲喫茶で珈琲摂取しながら、お話タイム。
癒しの時間希望の方お待ちしています。

<企画概要>
『大木のいる風景』高円寺駅南の長仙寺や名曲喫茶コース
◯ルート選定&ガイド:大木実奈
◯日時=12月20日[日]10:30~12:00
◯対象=高円寺に興味のある方・noyRの大木に興味のある方。
◯募集人数=5名(応募多数の場合は選考あり)
◯締切日=12月16日[水]22:00
◯集合場所=JR「高円寺駅」改札前
◯料金=無料 ※食事などにかかる費用は自己負担となります。
 ※詳細はお申し込み後、ご連絡いたします。
〇申込方法=ご希望の方はnoyr0906@gmail.comまで。



そして上演のほうもお席に限りがございます。
12月19日[土]19:00開演の回、
20日[日]18:00開演の回が残りわずかとなっています。
ご予約はお早めにでございますー!
他の回もうかうかしていると埋まってしまいますので、ぜひぜひお早めにー!
今回のコンセプトは?
と、聞かれれば・・・・・・・・
ジュークボックスと答えます。

2015年12月8日火曜日

い、衣装が!!

本日、衣装の引田さんが来てくださいました!
す、すてキング!

まだ全部が完成ではないので、ちらりとだけ。
 これはトリゴーリン。


そしてニーナとアルカージナの足元。


そしてマーシャの足元。

3人とも見目麗しいので衣装を着たらそりゃもうグッドルッキングでございますのよ!
やだかわいー! やだすてきー! やだー!
で、ございます。
きしもんはセクシー雰囲気男前でございますので、まぁー、何を着ても似合うのです。
それを見た女性陣(実奈、ずる)は、

「むかつくわぁ。むかつく」

となじる。
かっこいいー、ではなく、むかつくとなぜか対抗意識を燃やしておりました。
なぜ・・・・・・?
衣装あわせがおりまして、舞台監督の牧ちゃんが来るまで小休止。
その間に、ワタクシ、引田タイムをスタートさせました。
引田タイムとは、引田さんのことをもっと知りたい!
という欲求から、
引田さんになにからなにまでイロイロ質問責めをしていく時間のことでございます。
なぜ衣装を始めたのかとか、その技術はどこで得たのかとか、イロイロ。
まだまだ引田タイムをしていたかったのですが、稽古をせねばなりません。
というわけで、引田タイムはまた後日に持ち越すことになりました。

衣装を着た実奈ちゃんは、髪の毛はアップにしたほうがママ感があるということで
くるんと髪を上げました。
やだ、似合うー!
でございます。
実奈ちゃんがポロリと、

「渋谷にですね、マーシャというお店を見つけたんです・・・・・・!」

ガールズバーらしいのですが、ぜひみんなで行ってみたいと思います。
そしてまた実奈ちゃんはポロリと。

「あたし(マーシャ)、渋谷でお店出してたんだなぁ・・・・・・」

ええ、今回の「かもめ」は、マーシャのお店で繰り広げられるのでございます!

2015年12月5日土曜日

FMシアターと朗読のお知らせでーす。

FMシアターのお知らせでーす。
12月19日(土)21時〜21時50分
『もと天使松永』

これは去年の12月に書いたお話しでございまして、
収録もたしか9月とか早かったのでございます。
クリスマスのお話しだから、どうせなら12月に放送しましょうということで、
19日に放送されます。
ぜひぜひー。
聞いてくださいませー。

音楽をゴダイゴのミッキー吉野さんが担当してくださっております。
ワタクシ、音楽はそれほど詳しくはございませんし、
ジャンル関係なく聞いているので熱狂的ではございません。。。。
が!
ゴダイゴだけは特別です。
別格です。
子どものころ、ハマったのは時代劇。
そしてその次は、そう・・・・・・
西遊記でございます!
学校が終わって遊びに行くより西遊記。
口ずさむ歌はモンキーマジック、ガンダーラ。
子どもでございましたからその時は、これを歌っている人たちが
ゴダイゴであるということすら知らずに歌っておりました。
そして銀河鉄道999を口ずさみ、
びゅりほーねーむ、と口ずさみ、
ほーりーほりえんぶらい、と口ずさんでまいりました。
iPhoneの目覚ましナンバーは銀河鉄道999。
毎朝、出発いたします。

10月に大阪でライブがあるのだと教えていただきまして、
ワタクシ、いってまいりました!
劇場や映画館には行きなれておりましても、ライブには行きなれておりません。
恐る恐る行きましたビルボードライブ大阪。
なぜかレストランのようにメニューを渡され、恐る恐るカフェオレを注文。
な、な、なんだか、ラグジュアリーな空間だ・・・・・・
と、思っておりますと始まりました。
ああ、音楽最強説再び。
なんというのでございましょうか。
あの高揚感。
音楽は、It's mineになるのですね。
これ、私の歌だ。
って、なる。
そして号泣。
カフェオレ飲みながら号泣。
なぜ号泣なのか自分でも分からず号泣。
たぶん、音と言葉がずばばばぁんと肌に突き刺さって、
今、この瞬間生きてるなぁと、
思ったからじゃないかしら。
音楽が好きな人たちが、CDも買ってさらにライブやコンサートに行く理由がわかりましてよ。循環しているのでございますね。
ライブの帰りにすぐにiPhoneに入っているゴダイゴを聞きたくなるのでございます。
聞くと、ライブの高揚感をまた感じられるわけです。
そんで、そのうち高揚感が保てなくなってくると、またライブに行きたくなるんでございましょう。循環。音楽が循環してる。
ああ、音楽最強・・・・・・!
ミッキーさんはほんとに素敵な方でした。

そしてラジオの収録のときに、市原さんの歌声に号泣。
ものすごく、心が揺さぶられます。
以前、市原さんに読んでいただいた「飛ばせハイウエイ、飛ばせ人生」のときも、
同じようなことを思ったのでございます。
なんでこんなに揺さぶられるのかなぁと不思議に思っておりましたところ、
「ベルリン・天使の詩」 を観て、ふとわかったことがあったのです。
映画では、コロンボさんがもと天使として登場したのですが、
ワタクシは思ったのでございます。

・・・・・・もしかして、市原さんももと天使なんじゃないかしら。

そう思うと、あの揺さぶれる声も納得だなと。
だって天使の声だもの。
そりゃ泣けるはずだ。
人間じゃないんだもの、天使なんだから。
声に色がつけられるなら、虹色みたい。
収録のとき、ガラス越しに見た市原さんの背中にちっさい羽があるように思えたのでございます。とてもとても、素敵な作品にしてくださいました。
みなさま、本当にありがとうございます。

出演者の写真













その「もと天使松永」の一部抜粋を、
なんと市原さんが語ってくださっております!
一部抜粋といっても、素晴らしいひとり芝居です。
朗読と思っていたら、ひとり芝居を観ることが出来てうれしくて驚きです!
ミッキーさんがピアノを弾いていらっしゃいます。
シアターコクーンにて!
詳細はこちら!

世界・日本名作集より
リーディング名作劇場
「キミに贈る物語」
~観て聴いて・心に感じるお話集~ 

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_kiminiokuru.html

6日の日曜日まで上演されておりますので、お時間ございましたらぜひー!

もと天使松永の名前は、高校のときの校長先生、シスター松永からもらいました。
天国で笑ってもらえたらうれしいです。

2015年12月3日木曜日

辰也さん、たくさんありがとうございます。

万歳の藤田辰也さんがお亡くなりになりました。
ものすごく、お世話になりました。
悩み事を誰かにいうことはほとんどないけれど。
辰也さんとお話しているときに。
一度だけ。
止まらず吐露したことがあった。
ファミマのベンチで。
あの日があったから、たぶん、迷わなくなった。
と、思う。

先日の稽古で、自分が役者さんに言うた言葉を思い出す。
それは、辰也さんから教わったことだった。

「ひぐち、歌手が歌う歌と、芝居で役者が歌う歌は、違うぞ」
 
辰也さん、たくさんたくさん、本当にたくさん、
目に見えないものをもらいました。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。




1幕と2幕を

今日は1幕と2幕を丁寧に。
休憩のときにセリフと仲良くしている岸本くん。


あ、あ、あ、あんにゅいー!
唇に指を置く、という高尚スタイルをさらりとやりおります。
実奈ちゃんと、ずるちゃんと、きしもん。
この3人はとっても奇妙で愛らしいひとびとでございます。
なんだか3人とも黙ってじっとしていればフォトジェニックなのに、
しゃべりだすと珍妙です。

「かもめ」は好きなせりふがたくさんございます。

  やっと小説をひとつ書き上げたかと思うと、すぐに次のに掛からなければならん。
  それからみっつめ、よっつめ、のべつ書きどおしで、他に打つ手がない。
  そのどこが素晴らしいか、明るいか、野蛮極まる生活ですよ。

  自分の命を、ぼりぼり食っているような気持ちです。

  形式なんか念頭におかずに人間が書く。
  魂のなかから自由に流れ出すからこそ書く。

  書かなくちゃ。

  書かなくちゃ。書かなくちゃ。書かなくちゃ。

 作家ってタイヘーンでございますわねー!

ワタクシはねぇ、 書かなくちゃ、というよりかは、書きたい書きたい書きたい。
でございましょうか。
そういうヨク分からん衝動が書かせる。


こちらはあんにゅい実奈。
休憩中の役者さんを激写しようとしたら、
ずるちゃんはおトイレ中だった・・・・・・
激写ならず。

 「かもめ」には、仕合わせ、不仕合わせ、という言葉がチラホラと出てきます。
ヒトの生きている世界で、なにが幸せで誰が幸せでどうなるのが幸せなのか、
考えればもう分からなくなりますわね。





2015年12月1日火曜日

「かもめ」はお席に限りがございます。ご予約はお早めにー!

東京の通勤ラッシュにもまれながらお稽古しております。
今回の上演場所はLivingood Cafe 高円寺というところでございます。
高円寺の北口から歩いて5分程度でございます。
ノイルさんたちはいつも素敵な場所を見つけてくれます。
この場所で上演するなら、と考えたくなるような場所。
Livingood Cafe 高円寺はキッチンつきレンタルスペースだそうです。
詳細はこちらー!
http://www.livingood-cafe.net/

お稽古はずんずんとずんずんとずんずんしております。
役者の自由度があがっていくのが面白いのでございます。
みなちゃんときしもんとずるちゃんが、
混ざり合っていくのが面白いのでございます。
チェーホフと格闘する、というよりかは、
「かもめ」のエッセンスをぎゆーっともらってノイルバージョンにしているような感じでございます。チェーホフおじさん、ありがとうです。
カフェの空間での上演ですので、お席に限りがございます。
ご予約はぜひぜひお早めにでございます!!

写真は、マーシャをチーママからママに格上げできるように格闘中のみなちゃん。


演劇ユニットnoyR vol.4『かもめ』
『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれる『かもめ』を喪服のマーシャの視点からたった3人で描く。
◎原作:アントン・チェーホフ
◎構成・演出=樋口ミユ(Plant M)
◎出演=大木実奈、小野寺ずる(ロ字ック)、岸本昌也
◎日時=12月19日[土]12時開演・15時30分開演・19時開演
       20日[日]14時開演・18時開演
◎会場=Livingood Cafe 高円寺 (東京都杉並区高円寺北2-36-10)
◎料金【全席自由】
◎一般前売=2,000円  当日=2,500円
◎チケット取扱い・お問合せ
☎=090-4741-0041(演劇ユニットnoyR制作)
WEB =http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=2c523831f8(チケット予約のみ・24時間受付)