このブログを検索

2014年12月31日水曜日

よいお年を!

毎日、小さな命をいただいてます。
今年もたくさん、いただきました。
ありがとうございます。
 
今年も本当にたくさんのみなさんに
支えてもらいました。
ありがとうございます。
 
今年もいろんな人たちに
出会えました。
ありがとうございます。
 
今年も、生きてきました。
ありがとうございます。
 
みなさま、よいお年を。

2014年12月30日火曜日

療養いたしました。

咳がとまりました。
年内中に治まってホッとしております。
療養いたしました。
休んだぶんはお正月に頑張ります。
ぶり返さないよう、
用心したいものですな。
火の用心。年の瀬でございます。
大掃除はお済みでしょうか。
ワタクシは、がっつり捨てまくりました。荷物は少ないほうがいい。肴はあぶったイカでいいのかしら。飲まないからわかりません。
 
ああ!
意味不明なのは浮かれているから!
咳が出ないって、なんてステキ!
当たり前のことにこそ感謝でございます。咳が出ない!
ありがたや。
気道が塞ぐこともございません。
息が出来るありがたや。
 
出口家にて、先日の夕飯パーティの様子でございます。出口ここねさんは2度目の年末と年始を迎えるわけでございます。たった1年で、人間はごろ寝から二足歩行になって、歩いて、走って、こけたりするんでございます。
空ばかりを見ていた目が、意思をもって語りかけてくるのでございます。
人はどこまで進めるのかしら。
どこまでも。
いつまでも。
これからも、
ここねえさんに教えられる日々でございますな。
 
みなさま、よいお年を。
 
 
 
 

2014年12月27日土曜日

連続ラジオドラマのお知らせですー。

連続ラジオドラマのお知らせでーす。
9月、10月これ書いてたなあ。
カタチになって良かった。
みなさま、お時間ございましたら
聴いてくださいませ。
 
青春アドベンチャー

ニコイナ食堂(全10回)

不屈の少女と不満の少女、ニコとイイナの時を超えた冒険物語

【NHK FM】

2015年2月2日(月)~2月6日(金) 午後10時45分~午後11時(1-5回)2015年2月9日(月)~2月13日(金) 午後10時45分~午後11時(6-10回)
出演者の写真

【出演者】

朝倉あき 谷村美月

【作】

樋口ミユ

【音楽】

澁江夏奈

【スタッフ】

演出:小見山佳典技術:西田俊和 佐伯悠音響効果:坂本愛

【あらすじ】

現代を生きる、何もかも不満だらけの少女・イイナ。ある夜、彼女は路面電車に乗る。不屈の少女・ニコと出会う。なんと、そこは戦後間もない大阪の町だった。ニコとイイナはお金も食べ物もない中、必死に生き抜きながら、様々な経験をする。イイナの祖母が、彼女にいつも言っていたこと。「食べる前にはいただきますと言うこと」「食べるものは自分で作ること。食べたら働く。働いたら食べる」そして、「礼儀正しい言葉使いをせなあかん」。それが祖母の流儀だった。だが、イイナは不仲な両親や口うるさい祖母が疎ましかった。「お父さんも、お母さんもみんな大嫌い」、そう思っていた。不思議な時間旅行を経て、少しずつ精神的成長を遂げていく少女二人の物語。

2014年12月25日木曜日

ただ休むのはよくない。

朝起きて、もう少し眠ろうと目を閉じたら・・・
もう夜の19時になっていた。
なぜだ。。。
寝てしもうた。
よく寝た。
咳はいまだに長引いております。

しかしただ寝ているわけにはいかない。
何もしない日なんて。
ただ休むわけにはいかない。
片付けなければ。
休みベタと言われればそうなのだが、
なんかお休みがうまく受け入れられない。
お部屋倉庫だけでも片付ければ今日、
一日生きた意味があるはずだ。。。。。

いや、そんな大げさなことではないが。
せき込みながらとりあえず片付ける。
なぜか、でぐちここねさんが手伝ってくれる。
ありがとう。
昼間、眠っている間に夢をみたが詳細が思い出せない。
突き抜けた夢だったような気がする。
身体の右側が痛いようで、ワジワジ、ジワジワ、なにか動いているような気がする。
と、思うのも、夢の中だったような気もするけど定かじゃない。
ベッドで眠ると、下半身がベッドの下に突き出して、
上半身だけがベッドに上にねそべっている感じがする。
それも夢だったかもしれない。
何度か唸ったり叫んだりしたけれど、
夢の中じゃ誰にもとどかない。
ほらね、ほらね。

ただ休むのはよくない。

夢とも、現実とも分からない時間の中で、
ゆっくり休みながら、
ゆっくり頭が混乱していくから、
ただ休むのはワタクシ的にあまりよくない。

2014年12月23日火曜日

こどものためのクリスマスが無事に終わりましたー!

こどものためのクリスマス公演!
無事に終わりました!
観に来てくださったみなさま、ありがとうございました、
 
ペンギンも朝から頑張りました!
2回公演をモーレツに駆け抜けました。
ペンギンは冒険の果てに、
クリスマスを見つけるのではなく、
もういないはずの、
氷のひとつぶの存在をちゃんと感じられるのです。
見えないけれど。
いるのだ。

パラシュートで空をただようペンギンはとっても美しいのです。
ペンギンなのにね。
 
今回のクリスマス公演では、
お家で作れるおもちゃを作って、
それを使いました。
紙コップのロケットや、
プラネタリウム、
どん兵衛で作れる銀河、
紙コップで作る雪箱。
お芝居が終わると、こどもたちがペンギンさんと写メします。
小道具で遊びます。
ほえー、と驚きました。
観終わったあとに、
遊びたい気持ちになるんだあ。
それがとてもとてもとても、
嬉しいなと心から、
心の底から思った。
こんな気持ちになるとは自分でも驚き。
 
『やりたーい』
 
と、電気をつけてプラネタリウムを動かしたり、天井から降る紙の雪箱を引っ張ってみたり。いつまでもいまでも遊んでいる小さな人たち。
も、もしかしたら、今度は一緒に創ったりできるのかもしれない!!!
それはとてつもなく楽しいんじゃないかしら!?

小さな人たち、最後まで観てくれてありがとうございました。
 
今年の公演納めはこのクリスマス公演でございます。
他の仕事はまだちょいちょいと残っているので、さてもうひと踏ん張りしましょうかー!
 
 

2014年12月22日月曜日

ペンギンと場当たりの真っ最中です!

明日はこどものためのクリスマス公演でございます!
ただいま場当たりの真っ最中でございます。ワタクシとペンギンいっぴきぽっちで場当たりでございます。
休憩をいれずに進めてしまいましたので、ペンギンがぐったりしてしまいました。そろそろ2時になるので、坂本企画の仕込みにわたします。
慣れない場当たりを必死で終えたペンギン。ぐったりしております。
ワタクシは場当たりが終わったらテクニカルの整理をいたします。
 
明日の11時からと、13時からです。
can tutkuにてー!!
いらっしゃいませー!!
 

2014年12月21日日曜日

こどものためのクリスマス公演

23日祝日にこどものためのクリスマス公演をいたしますー!
 
『くりすます ひとつぶ くださいな』
 
せっせと宇宙を作っております。
今回のクリスマス公演は、
 
ママとパパ2人いればお家でも出来る!
 
がコンセプトとなっております。
最小で最大のことが出来るように。
お家にあるものでできちゃえる。
お話の主役は迷子のペンギン。
相棒に、氷のひとかけら。
いっぴきとひとつぶがクリスマスを探しに行きます。
 
パパ、ママ、お子さまと一緒に観に来てくださいな。
 
Plant M 
こどもたちのクリスマス公演
『くりすます、ひとつぶ、くださいな』
 
【日時】
12月23日 11時開演/13時開演(2回公演) 上演時間30分ほど
 
【チケット】
前売り当日ともにおとな 1000円こども 500円(小学生以下は無料)
※ご予約のお客様にはプレゼント付き
 
チケットご予約はこちら
 
 
 

2014年12月19日金曜日

無事に終了いたしました。

『ガラスの動物園』無事に終了いたしました。ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。
 
声をかけてくださったnoyRの皆様に感謝です。自分ではきっと上演しないだろう作品と出会える場をもらえてありがたいです。家族は1番小さな国だなと思うのです。その国にしかないルールがあって、その国でしか通用しない言葉もある。自分てものが、その小さな国によって育てられたのはまちがいない。国が解体されても、思想が体の何処かに残る。反発をして飛び出しても、いつも頭の隅っこにある。反発するってことは意識しているから。まったく違う国を作るのだ、と思っても、ひょいとその小さな国が現れる。
 
年を重ねて気がつく。
あ。
今、あたし、おかんに似てたな。
とか。
 
来年の9月に進化バージョンで、また別の場所で上演する予定でございます。
それまで大道具をミッチーの家に保管するというからnoyRってすごい。
いや、ミッチーがすごいのか。
マットレスもひけないらしい。
10ヶ月近くあるのに!?

2014年12月17日水曜日

初日が無事にあけましたー!

『ガラスの動物園』無事に初日があけましたー!
 
ご来場くださいました皆様、
ありがとうございました。
ゆったりとは決して観れない、
優しい席はひとつもないお芝居を
観にきてくださって本当にありがとうございます。
 
2センチの幅から覗いてみたり、
ひいてみたり、
声だけを聞いてみたり、
上を見上げてみたり、
立ち上がって上から覗きこんでみたり。
いろんな方法を
試してみてくださいませ。
 
ガラスの動物園ですが、
南部の香りはございません。
アパートの一室をチラチラと覗き見る。
誰かの家庭を覗き見る。
隣の声に聞き耳を立ててみる。
自分の家庭と似てるところや
似ていないところを、
探してみたくなる。
ような。
そんなガラスの動物園にしたかったのでございます。
見る。
というのは、面白いものでございます。
ローラとジムのシーンになると、
ぐいっと身を乗り出す瞬間、
客席がいっせいに動くのでございます。
動物園を見ているお客さんを、
またさらに見る。
みたいな。
明日も完売となっております。
ありがとうございます。
さー、明日も元気にまいりましょー!
 

2014年12月16日火曜日

おお!

家に帰ったらもう記憶がない。。。
ソファで寝てしまっておりました。
おお。。。
本日は初日でございます。
いってきまーす!
 
ガラスのユニコーンがお気に入りです。
みなさん作製。
よくよく見るとグロテクスク。
地獄に住んでる繊細なユニコーンでございます。

2014年12月15日月曜日

明日は仕込みです

明日が仕込みとなりました!
16日初日、17日19時、18日14時のお席は完売となりました。
18日18時のお席は若干ございます。
お席に限りがございますので、ご予約お早目にどうぞー!

CoRichチケット ――― WEB https://ticket.corich.jp/apply/59939/ (24時間受付)

稽古のときに、
予想を超える瞬間が生まれる。

あ。

と、思うまもなく、登場人物が生き生き自由になっていく瞬間。
そんな瞬間が見られるから、お芝居は面白いのでございます。
役者という生き物だけが、戯曲や演出を飛び越えられる。
そう思うと、
つくづく、ワタクシは役者じゃなかったなぁと。
薄皮1枚の柔らかい鎧がずっと体にへばりついていたような気がするのでございます。
15年くらい続けてそれがようやく分かったような気がするのでございます。
気付くのおせーよ。
とは、思いませんな。
そこまでやらなきゃやっぱり分からなかったのだすな。

薄皮を破っていく彼、彼女らは、やっぱりすごいと思うのでございます。



2014年12月13日土曜日

来週は本番でございますー!

曜日の感覚がぶっとんでおります。
しかし朝から稽古なので、大変健康的に過ごしております。
まだ咳は治りませんが。
いや、少しずつ治ってきている。
どんなことでも少しずつ、でございます。

お席に限りがございますので、
ご予約はお早目に。

チケット予約
CoRichチケット ――― WEB https://ticket.corich.jp/apply/59939/ (24時間受付)

息をひそめてある一家を見ることが出来ないものかと考えておりますの。
本当は見ちゃいけないようなデキゴトに思えてしまいますの。
ガラスのような過去や思い出は、自分だけがそっとたまに開けて見るだけのものを、
覗き見たいと思ってしまったのでございます。


2014年12月11日木曜日

残席わずかだそうでーす。

17日と、18日のお昼の回は残席わずかだそうでございます。
18日の夜の回だけはまだまだお席に余裕があるそうです。
ご予約はお早めによろしくどうぞー!!
 
今日はお昼から夜までのお稽古でございまして、昼と夜で稽古場所が変わりましてございます。
18時から稽古ー!
と、思ってみんなで稽古場にドヤドヤと行きましたら、どうやら借りている時間は19時からとのこと。。。
 
1時間、空いてしまいました。
この時間を利用して、ミッチーのおうちにおいてある美術を確認しに行くことになりまして、しかもそこで稽古までしてしまいました!
これはイイ!
やはり、本番そのものの状態で稽古するのがベストでございます。
 
小さな小さなウイングフィールド家を覗きに来てくださいませー!!
 

2014年12月10日水曜日

17日14時の公演も完売になりそうだそうだそうですー!

『ガラスの動物園』初日の16日は完売となりました。
ありがとうございます。

17日14時の公演も完売となりそうでございます。
18日はまだお席に余裕があるそうなので、
ご予約はお早目によろしくお願いしますー!

9時から17時のお稽古は、会社員の気分になります。
ラッシュにまみれてお稽古場へGOでございます。
本日は照明のゆう先輩がお稽古場へ来てくださいました。
そしてそして、我らがプロデューサー吉川くんが愛知からやってきました!!
noyRさんは、演劇ユニットでございまして。

プロデューサー吉川くんと、役者の大木さん、そして仲道くんの3人ユニットでございます。
吉川くんは心強い人でございます。

「こんなことをしようと思うんだけれども」

と、今回のプランのことをダメもとで話してみると、

「いいじゃないですか」

え、いいの・・・・・・!?

ほんとに!?

こ、心が、広いのね。

みなさま、ぜひ観に来てくださいませ。


演劇ユニットnoyR.vol.2 『ガラスの動物園』

時=2014年1216(火)19:00開演
         17(水)14:00開演・19:00開演
         18(木)14:00開演・18:00開演
         ※開場は開演の30分前】

□会場=RAFT(中野) 〒164-0001 東京都中野区中野1-4-4 1F(事務所3F)TEL/FAX 03-3365-0307

□CAST=大木実奈、仲道泰貴、宮尾昌宏(プリズマン)、本木幸世(劇団黒テント)

□STAFF

原作= テネシー・ウィリアムズ    構成・演出=樋口ミユ(Plant M)

照明=横原由祐 音響= 桜井智広 制作= 吉川剛史

□料金【全席自由】
一般=2,000円  高校生以下=1,000円[一人1枚・入場時身分証提示] 当券=2,500円

チケット取扱い
□TEL=090-4741-0041(制作)
□ Email=【件名】チケット予約
     【本文】1,お名前(ふりがな)2,ステージ時 3,予約枚数 4,電話番号 以上を明記して、noyr0906@gmail.comまでご送信下さい。
□CoRichチケット ――― WEB https://ticket.corich.jp/apply/59939/ (24時間受付)※CoRich『ガラスの動物園』ページ 詳細はコチラ→ http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=59939

[お問合せ]□Email noyr0906@gmail.com
□TEL 090-4741-0041(制作)

くりすます ひとつぶ くださいな

12月23日の祝日に、クリスマス公演をいたします!
can tutku特別企画でございます。
日中は子どもむけに。
夜は大人むけに。

ワタクシ、Plant Mは子ども向けを担当いたします。
夜は坂本企画さんが担当してくださいます。
チラシはぬりえにしました。
色をぬって持ってきてくだされば、カフェ+ギャラリーcan tutkuに飾ります。
手芸カフェのちびっこたちがさっそく色をぬってくれましたので、お店に飾ってございます。
お子さまとご一緒にご観劇くださいませ。

can tutku 特別企画
世界いち小さなクリスマス

★Plant M 
こどもたちのクリスマス公演『くりすます、ひとつぶ、くださいな』
【日時】12月23日 11時開演/13時開演(2回公演) 上演時間30分ほど

CAST ペンギン


彼がクリスマスを探しにいきます。
 
【チケット】
前売り当日ともに
おとな 1000円
こども 500円
(小学生以下は無料)
※ご予約のお客様にはプレゼント付き
チケットご予約はこちら→https://ticket.corich.jp/apply/60203/

坂本企画さんの公演詳細はこちらから!
http://sakamotokikaku.at-ninja.jp/Next_Stage.html

2014年12月9日火曜日

16日初日が完売になりそうですー。

16日の初日が完売近くとなりました。
17日と18日はまだ若干お席がございますが、
座席数に限りがございますので
お早目にご予約くださいませ!!
稽古をしているときに、いつも思い出すコトがあります。
特殊急襲部隊、Special Assault Team、通称SATのドキュメンタリーを見たときのコトでございます。

「100回の訓練をするが、訓練では成長できない。現場でしか成長できない。だから私たちは1回の現場で成長するために、100回の訓練をする」

ということを隊長さんが言っていたことを思い出すのでございます。
演劇と一緒だなぁと思うのです。
お客さんが入った本番でしか成長できない。
だからそのために100回の稽古をするのでございます。



2014年12月8日月曜日

たしかに蝋燭の明かりは恋に落ちる

お昼から夜までがっつりお稽古出来るのはありがたいことでございますな。
蝋燭の明かりをユラユラさせながら、
ジムとローラのシーンを延々と。
 
ふと、思ったのでございますよ。
壊れそうで美しいなと。
戯曲は読んでいて知っていたけれど、
それを創るとは。。。
思いもよらなかったのでございますよ。
ゴドーはいつか創りたいな、とか考えたりするけれど、ガラスと出会うとは本当に思っておりませなんだな。
ノイルのみなさん、
声をかけてくれてありがたや。
 
抜け出したい逃げ出したい。でも、逃げてもいつも体のどこかにへばりつく思い出。背中に乗っかる自分で作りあげた罪で体が曲がればいいなと、思った。だれもかれも、なんかを背負ってる。時間とか、記憶とか、罪とか。
逃げられないから疎ましく愛おしいのだ。
 
明日も延々と。
儚いガラスを眺めるのでございますよ。
 

2014年12月6日土曜日

コートが必要

もうウールのコートを着てもいい!
だって寒いんだから!
 
模型を作りました!
このまんまにはなりませんが、
イメージが広がります。
な、なんだこの舞台は。。。
かもしれませんが、こんな舞台になる
予感でございます。
どう観えるかな。
こんな風に観えたら面白いだろな。
とか、考えながら模型を作るのが好きでございます。
ペンライトで照明の雰囲気を感じたり出来るので、演出する時は模型を作ることから始めたりいたします。
当たり前だが、立体やなぁと、
思うわけでございますのよ。
照明のゆう先輩が、
 
「こういう感じ」
 
と、いろんな提案をしてくれはるのがまたまた楽しいのでございます。
今回初めてご一緒する桜井くんとのやりとりもワクワクいたします。
道具は石橋くんくんが叩いてくれるのです。ステキやなあ。。。と思いながら稽古の休み時間に近くのセブンイレブンに行くと、なぜかアラブ人にナンパされる。
 
「カッコイイね。軍隊? ナニかスポーツしてた? そのカタハバ。プロレスラー? にしてはチョト細いネ」
 
いや、これはナンパではないか。
何だ?
スカウト?
 
「プロレスラーではない!」
 
それだけは否定いたしました。

2014年12月3日水曜日

まぁ、むかしはもてたからな。

寒くなってまいりました。
この間は稽古終わりに血の繋がらない弟に久々に会いました。
こちらの弟kくんは、以前カフェで働いてくれておりました。今は東京で仕事をしておるのでございます。
しばらく会うことのなかった誰かと会えるのは、すごいことだと思うのでございます。会える時に、会う。それが重要。
きっと今までに出会った人たちは、全てなにかの意味があるのだろうと思うからであります。
 
さて今日も朝からお稽古でござます。
 
「まぁ、むかしはもてたからな」
 
というジムのセリフがございます。
 
「ハイスクールではちやほやされていい気になってた」
 
というセリフもございます。
ジムを演じる宮尾さん、これらのセリフがやたらと説得力があるんですの。
 
「だって俺、まさに高校、大学と異様にもてたから。。。」
 
ああ、実体験なんだね。。。
 
 

2014年12月1日月曜日

まぁね。軽く倒れ込みましたね。

軽くね、熱、出ましたね。

「う、動けないよぉ」

という状態でございましてね。軽くね。
それを友人に話しますとね、

「そりゃ疲労だよ」

とね、あっけなくね、一言で解決しましたね。
というわけで1日だけお休みさせてもらいました。
じっとね、じっとしていましたね。
疲労ならばじっとしていれば回復するのでございます。
そしたらちゃんと回復いたします。
動物も怪我をしたらじっとしておりますもの。
だからワタクシもじっとします。
今日からはまたもりもりお稽古でございました。
稽古の帰りに、みなさんが、

「あのですね、この前の稽古の時にね、樋口さんが説明しながら私をこう、
抱きしめたじゃないですか。その時にね、ものすごくあったかくて、
本当にあったかかくてね、私、キュンとしたんですよ。
それでね、きっと心があったかい人なんだろうなぁとか思ったんですけど、
ただ単に・・・・・・熱があったんですね」

心があったかかったワケではないんだな。





稽古をしている時に、テキストの言葉が、そ
の役者の、その身体の声になっていると、
目が離せなくなるのだ。
どこまで昇れるかしら。
明日からは、宮尾くんが稽古場入りします。