このブログを検索

2013年6月25日火曜日

りんごに電話をかける。

「七面鳥は大雨に溺れる」の書類作業などもろもろ終わりまして!
すっきりいたしましたー!
ののあざみ嬢が手伝ってくれてスイスイはかどりましてございます!
そしてワタクシはりんごに電話をかけました。

振り回されております。
りんご。
かじってしまったのです。
りんご。

ののあざみ嬢が、

「これって、アダムとイブのりんごだよね。。。かじっちゃったね、私たち。。。」

と言っておりました。
そ、そうなのか!!
アレにはそんなイミが隠されていたの!?

お電話で大変丁寧にご指導いただきまして、
icloudの設定やらもご指導いただきまして、
ええ、ええ、ワタクシがIDやらパスワードやらを忘れているからなのが原因なのですよ。
もう忘れない。
自分のIDとパスワード。
そう思っていつも設定するんですけれどもね、
どれも少しずつ違うから困っちゃう。
数字をいれろだの。
大文字小文字の合わせ技を使えだの。
シンプルに、シンプルにしたいのに。。。
はい。
買いました。
ID・パスワード管理アプリ。
問題は、このアプリに入るためのパスワードを忘れないことだ。

2013年6月24日月曜日

次はコード地獄。

さまざまな地獄にハマっております。
次はコード地獄。
iPadは古いほうのコード。
iPhonは新しいほうのコード。
だから共有できない。
ポータブルの充電器は新しいほう。
じゃあ、iPadのほうは使えないね。
くすん。
コードばっかり持ち歩かなきゃいけないじゃないのよさ。
そしてパソコンを使うたびになぜか
エラーを治せしてあげるよ、とメッセージがボコボコ出てきます。
マカフィーが守ってくれているはずなんです。
大丈夫なはずなんです。
だけど次にパソコンを買い替える時は、
もうVAIOにはしなくてってよ!
昨日は1時間をかけて、iPadをios5にバージョンアップをする。
アップルIDがふたつわるワタクシ。
りんごさんにお電話して、ふたつあるならどうすりゃいいのか
お訪ねしよう。

パスワード地獄

> iPhonにしてからというもの、
> パスワード地獄にはまっております。
> パスワードにつぐパスワード。
> おもいだせません。
> いろんなパスワードがおもいだせません!絶対これだと思うのに、いつもこのメッセージがあらわれます。
>
> IDかパスワードが違います。
>
> お願いだ。
> せめてどっが間違っているのかくらいは教えてください。
> なにをするにもパスワード。
> 少し休もう。
> そしてまたカメラで戯れる。
>

2013年6月23日日曜日

りんごをかじりました。

iPhonにいたしました。
ワタクシ。
ガラケーを貫こうかと思っておりましたの。
本気で。
最後の1台になろうかと。
だって最後の一人までが全体でございましょ?
しかしふと思い立ち。
iふぉーんにしてしまいました。
ふと、思ったからすぐに行動いたしまして、
すぐさま蜷川実花の写真アプリを頂く。


これを機会に、すっかり使わなくなってしまったiPadを復活させたいことでございます。
スマホにしたことですし、皆様、LINEでお話いたしましょう。

2013年6月22日土曜日

トイガーデン公演情報

世界一小さい演劇祭R2012において
ジャン・トゥトゥクー鮮烈デビューを飾ったウワサのトイガーデンさんが,本公演でついに登場!



トイガーデンの公演情報
『リチャード三世』より
ウィリアム・シェイクスピア



役者3名、映像、コピー用紙など
約60分

料金

入場無料(投げ銭制)

会場

日時

6月22日(土) 14:3017:0019:30
6月23日(日)12:0014:3017:0019:30

席数について

今回の公演は演出の都合上、1回の公演の席数が最高で10席程度と少なくなっております。
トイガーデンさんのホームペ-ジはコチラです。
 
今回も面白くなりそうです。予約なしの飛び込みももちろんOK。
是非ともご来場ください。

2013年6月21日金曜日

VAIOの謎。ウィルスなのでしょうか・・・?

VAIOを使っております。
ウィンドウズ7。
ワードを使用。
保存って、ございますわよね?
ここ最近不思議なことが・・・?
上書き保存をするのに保存されていないことがある。
な、なぜに!?
最終的に保存した、ひとつ手前の時間での保存のまま。
であることが何度か。
毎回じゃない。
保存されないことをうっかり忘れて気を抜いた時ほど・・・
保存されていない。
な、なぜに!?
気を抜かない時は保存されている。
な。なぜに!?
こりは・・・ウィルスなのでしょうか・・・?
もうこうなったら毎回別名で保存をしなければならないのだろうか・・・?
もう、そろそろ、このパソコンとおさらばする時なのか・・・?
保存されないナゾ。
どなたか・・・
パソコンに強い方、教えてください。
これはVAIOのせいなの!?
それともウィンドウズのせいなの!?
それとも私の気合いのせいなの!?
ああ、助けて!

2013年6月19日水曜日

ちょっと前進。

ちょっと前進でござーます!

夕方に新宿で打ち合わせでございまして、ちょっと前進。
ないところから創るのは、楽しいものでございます。

そして帰ってきたら仕事もちょっと前進。
コツコツ、コツコツでございますわね。

なにかと決まりだしたらまたご報告。
とりあえず今はペン立てからペンを取り出して計画を立て始める時でございますの。
そしてペン立てをふと見ると、

きのこばっか。

2013年6月18日火曜日

明日は映画が観れるだろうか。

おおお。ヒトダンラク。おおお。
しかし明日は映画が観れるだろうか。

2013年6月17日月曜日

お腹が減るのだが仕事は減らない。

お腹が減ってコーンフレークを器に入れたまでは良かったのです。
しかし牛乳がない。
買いに行く?
ううん、面倒だ。
そのままコーンフレークをかじって腹を満たす。

いつに増してもワタクシのろまでございます故、
カメの歩みでございます。
なのにどうしてお腹が減るのかしら。
生きているからね。

冷蔵庫に卵があるのならゆで卵にしなさいと注意を受けましたが、
卵をゆでるという考えが全く浮かび上がりませんでした。
食生活に無頓着なワタクシではございますが、

子どもの名前に関してはとても前向きでございます。
大阪でお世話になっている出口夫婦。
この間、子どもの名づけ協議が開催されておりました。
かわいい名前をつけてあげてと、ワタクシ心の中で祈っておりましたが、
この夫婦、なんだかおもしろがっていろんな名前を挙げだしました。

出口平台。
出口箱馬。
出口バミリ。
出口ゲネ。
出口なぐり。

「出口平台ってかっこいいなー」

出口平台にならないことを祈ります。
誰かこのエキセントリック夫婦を止めてあげてください。
あ。その役目は・・・ワタクシか・・・!?

おおう「七面鳥は大雨に溺れる」販売台本は完売いたしました。

『七面鳥は大雨に溺れる』
台本を受付にて販売しておりまして、

開演前に役者が朗読しておりました「まっくらやみのこども」も同時収録しておりました。
今回は前説はチケットに記載し、後説もない、というバージョンでございましたので
宣伝することもなしに、ひっそりと受付で置いておりましたが、
片付け清算をしてびっくらこん。

「売れてしまったとよ・・・」

もし、本当は買うつもりだったと思ってくださった方がいらっしゃったら、
ご連絡くださいませ。

2013年6月15日土曜日

「ここからは山がみえる」明日は京都公演だそうです。

「ここからは山がみえる」

can tutku公演は無事に終わりました。
明日は京都は、KAIKAさんで公演があるそうです。
14時からですので、
見逃された方はぜひ!

詳細はこちら→http://www.fringe-tp.net/kaika_it.html

高校生たちの文化祭

この5月、6月と、高校生の文化祭のサポートをしてまいりました。
高校3年生がクラス対抗演劇をするので。
ワタクシと、ののあざみ嬢のコンビは2クラスを担当いたしましたの。
クラスでお芝居を作るのです。
と、いっても、

ワタクシやののさんがナニかをするわけではございませんの。
作るのは、あくまでも高校生たち。
演劇部ではないのです。
クラスで作るので、うーん、なんていうのかしら。
クラスが劇団、のような感じになります。
台本を書く人、演出する人、スタッフ、役者、
みんなが何かの役割を担うのです。
その発表会が本日ございましたの!

誰もあきらめない。
とことん納得するまでやる。
自分イガイの誰かと関係する。

それが出来るから、彼らは素晴らしいのでございます。

青年団リンクRoMT第4回公演『ここからは山がみえる』

観劇いたしまして、感激いたしましたことよ!

※印に、

大変強い性的表現とか、暴力表現という注意書きがありますが、
気になりません。
なぜだろうか。
それは私が思うに、主人公アダムが愛すべきヘタレだからだと思うのですよ。
お芝居を観ている、ではなく、
アダムの告白を聞いているみたい。
それはあまりにもリアルに感じる。
生身をひしひしと感じる。
とても不思議な体験でございまして、
“生身”を突き詰めると、
目の前で動いているそれはまるで映像のように見える瞬間がありました。
突き詰めた末に見えた幻影のような。
3時間なんてあっという間で。

14、15才のころの、
小さな失敗や大きな失敗や、隠したいことや、ひけらかしたいこと。
アダムが特別なナニかではない。
誰にでもある、大きな過去、小さな過去、過ぎた時間。
やんちゃな日々。
うつむいた日々。
振り返って思い返せば、ため息で吹き飛ばせそうなコトガラも、
その頃の自分にとってはオオゴト。
コントロールできないエネルギーに振り回された少年の日々。
それを目の当たりにするのでございます。

お時間ある方はぜひ!
2013年6月14日(金)~15日(土) 大阪@カフェ+ギャラリー can tutku
【ご予約受付中!】
青年団 tel. 03-3469-9107(12:00~20:00)
オンライン予約 http://bit.ly/178eMbm
※「参加する」を押しただけではご予約になりません。
上記のいずれかの方法でご予約ください。

青年団リンクRoMT第4回公演
『ここからは山がみえる』
YOU CAN SEE THE HILLS
戯曲:マシュー・ダンスター 翻訳:近藤強
演出:田野邦彦 出演:太田宏
制作:森忠治(トライポッド)、RoMT
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
総合プロデューサー:平田オリザ
ー上演時間、3時間30分。出演者、1人。
1980年代。イギリス北西部ペナイン山脈の麓の小さな町に生きる、一人の少年・アダムが、10代を颯爽と駆け抜けながら少しづつ"大人"へと成長していく過程を、繊細かつシャープな描写で赤裸々に、そしてリアルに描く青春白書。2011年3月の上演以来、待望の再演!
*この作品は、大変強い性的描写、暴力表現などが含まれます。
【公演日程】2013年6月14日(金)~15日(土)
開演時間
6月
14(金)19:30
15(土)14:00
*受付開始は開演の30分前、開場は開演の15分前
【会場】カフェ+ギャラリー can tutku
〒557-0034 大阪市西成区松1-1-8 出口ビル1F
大阪市営地下鉄四つ橋線「花園町駅」4番出口より南へ徒歩3分
【料金】
予約・当日ともに 一般=3,000円
ユース(25歳以下)・シニア(60歳以上)=1,500円
高校生以下=1,000円
日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場いただけません
*ユース・シニア・高校生以下の皆さまは当日受付にて年齢の証明できるものをご提示ください。
----・
青年団リンクRoMT
青年団演出部に所属する田野邦彦が2005年に結成。以後、数年に一度の緩やかなペースで活動を続ける。2010年8月の第3回公演において、マシュー・ダンスターの『ここからは山がみえる』を日本初演。上演時間が3時間にも及ぶという、一人芝居としては異例のスケールだけでなく、その赤裸々な表現描写、観客とのコンタクトを常時保って直接語りかける独自の演技スタイル、シンプルかつスタイリッシュな演出などによって、大きな話題をさらった。
▶go to RoMT Web : http://romt.org/

2013年6月14日金曜日

少し休んでまた復活。

たまりにためているラジオのお仕事に着手す。
サクサクと進めねばなりませぬ。
そんな時、ふでばこの中には差し入れでいただいたきのこペンに目が留まる。

 か、か、か、かわいすぎる!
このきのこペンがあればナンだってできそうでございます。
そしてこちらのロリポップも差し入れで頂きました。
かわいすぎてもったいなくて食べられません。

 
 
お昼からは大津の赤十字病院にお見舞いに。
知り合いの方が入院していらっしゃってアロマオイルを持ってお見舞いに。
大津って遠いのかと思っていたけれど快速にのればあっという間でございました。
 


明日は伊丹に高校生たちの発表を観に行きます。
みんなお芝居を楽しんでほしいなぁと思うのでございますのよ。

2013年6月13日木曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」のかんそー。

HIROSEさんが感想を書いてくださいました。

こちらから→http://blog.goo.ne.jp/ponyasu007/e/a891ee90b6844811df7468f3f421f173

いつもありがとうございますー!
そうなのですよ。
なんだかうれしい感想でございます。
褒めちゃいないが困惑させられているので身を任せる、
というのがなんともうれしいものでございます。

青年団リンクRoMT第4回公演  

6月の演劇公演のご案内です!
必見です!
ワタクシとてもとても楽しみにしております!
皆様もぜひぜひ!

 2013年6月14日(金)~15日(土) 大阪@カフェ+ギャラリー can tutku

【ご予約受付中!】
青年団 tel. 03-3469-9107(12:00~20:00)
...オンライン予約 http://bit.ly/178eMbm

※「参加する」を押しただけではご予約になりません。
上記のいずれかの方法でご予約ください。

青年団リンクRoMT第4回公演
『ここからは山がみえる』
YOU CAN SEE THE HILLS

戯曲:マシュー・ダンスター 翻訳:近藤強
演出:田野邦彦 出演:太田宏
制作:森忠治(トライポッド)、RoMT

企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
総合プロデューサー:平田オリザ

ー上演時間、3時間30分。出演者、1人。
1980年代。イギリス北西部ペナイン山脈の麓の小さな町に生きる、一人の少年・アダムが、10代を颯爽と駆け抜けながら少しづつ"大人"へと成長していく過程を、繊細かつシャープな描写で赤裸々に、そしてリアルに描く青春白書。2011年3月の上演以来、待望の再演!

*この作品は、大変強い性的描写、暴力表現などが含まれます。

【公演日程】2013年6月14日(金)~15日(土)

開演時間
6月
14(金)19:30
15(土)14:00
*受付開始は開演の30分前、開場は開演の15分前

【会場】カフェ+ギャラリー can tutku
〒557-0034 大阪市西成区松1-1-8 出口ビル1F
大阪市営地下鉄四つ橋線「花園町駅」4番出口より南へ徒歩3分

【料金】
予約・当日ともに 一般=3,000円
ユース(25歳以下)・シニア(60歳以上)=1,500円
高校生以下=1,000円
日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場いただけません
*ユース・シニア・高校生以下の皆さまは当日受付にて年齢の証明できるものをご提示ください。

----・
青年団リンクRoMT

青年団演出部に所属する田野邦彦が2005年に結成。以後、数年に一度の緩やかなペースで活動を続ける。2010年8月の第3回公演において、マシュー・ダンスターの『ここからは山がみえる』を日本初演。上演時間が3時間にも及ぶという、一人芝居としては異例のスケールだけでなく、その赤裸々な表現描写、観客とのコンタクトを常時保って直接語りかける独自の演技スタイル、シンプルかつスタイリッシュな演出などによって、大きな話題をさらった。

▶go to RoMT Web : http://romt.org/

命が輝いている。

高校生たちが、ナニかを乗り越えようとしている。

そういう時。

確かに。

確実に。

命が輝いている。

2013年6月11日火曜日

Plant M ホームページ更新しましたー。

「七面鳥は大雨に溺れる」の写真を
ホームページにUPいたしました。
ゲネ風景です。

公演を終えて、舞台監督の都嬢と話をして、

「昼公演あってもよかったんじゃね?」

そうね。
あってもよかったかもしれませんわね。
明るいまま上演するのもよかったかも、とそういうことは終わってから
気が付くものでございます。

ホームページ→http://plant-m.jimdo.com/

七面鳥は大雨に溺れる-舞台写真/

2013年6月10日月曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」松原タニシ

最後の登場人物、松原タニシ。


彼は前回の公演にも出ていただきまして。
松竹の芸人さんらしいが、なぜか劇団タノシイの主宰でもあるという。
山奥に入り込んで友人たちとUFOを呼んでみたりしているそうです。
あとBSの番組で幽霊マンションに住むという企画を続行中。
芸人やめて役者になったら?
とそそのかしてみたりする。
デジタルカフェでバーテンもやっていたりするし、
金龍ラーメンでラーメンつくっていたりもする。

タニ子さんは、反射神経が良い人でございます。
頭の、というか、心の、とでもいいましょうかしら。
そして、ワカラナイことをワカッタふりをしない人でございます。
分からないなら、分からないままをする。
だから閉じていない。
舞台上で、開いている。
自分に入り込まない。
本当はイガイと冷静な頭しかなかったりする。
けれど。
見ている人と、見られている人との境界線を
一瞬だけどなくしてしまうような人だと思うのです。

不思議なものでございます。
日常はあんなに適当にウソをつきまくるのに、でございますよ。


「七面鳥は大雨に溺れる」 無事終了いたしました!

「七面鳥は大雨に溺れる」 
無事に終了いたしました!

楽日もたくさんのお客様に来ていただきましてありがとうございました!

ニンプマン出口さんもすこぶる体調がよく問題なく乗り越えました。
もしお腹の子になにかあったら!!
とひやひやしておりましたが、開演ちゅうも胎児はノリノリに動いていたようでございます。
とくに松原くんとサカイくんのシーンのときに、お腹の中で暴れ倒していたようでございます。
お芝居が好きなのかしら。
それとも、お前の芝居が胎教に悪いんだと。
と、言っているのか。
生まれて出てきたら聞いてみようと思います。

ウイングさんを、いつものウイングさんの空間に戻してそして我々は打ち上げ会場
「デーバク」へ!
慌ただしい現場でございましたが、
打ち上げでまったり金子さんや皿さんとお話できて、オモニの料理を食べて、
ちょっとだけマッコリを飲んで、
真夜中2時をすぎると役者たちのみが残ってまだ飲み続けて、
ああ、明日は朝から伊丹で授業があるなぁと思いながらも
白々と明けていく空を見ておりました。


今回も、たくさんの方に手伝っていただいて、支えていただいて、
観に来ていただいて、本当に本当にありがとうございました。
みなさまに。
感謝。

2013年6月9日日曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」二日目終了いたしました!

「七面鳥は大雨に溺れる」二日目が終了いたしました!

もう明日で終わりなのがなんだかとてももったいない。
もっとたくさん上演したいものでございます。
ながーく。
ながーく。
ながーく。
影のように消えるものだから。
あっというまに消えるものだから。
だからお芝居がイイのだと思うのですが。
やっぱりもったいないなぁと。

明日は18時30分開演でございます。

2013年6月8日土曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」残席状況

残席状況です。

8日18時30分→残席わずかでございます!
   21時→余裕がございます。
9日18時30分→残席わずかでございます!

なかなかに、21時公演というものは余裕がございますな。
夜のみ公演なので2回するにはこの時間設定でございましたが、
21時はもしかしたら便利なのではなかろうかと思うのですが。
いかがでしょうか、皆様。
今ならゆったり見れますゆえ、ぜひ21時にお越しくださいませ。

「七面鳥は大雨に溺れる」初日無事あけました。

打ち上げが終わって家に帰って。
パソコンを、つけたまま落ちてしまいました。

初日が無事にあけました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
お席をつめていただいたりして本当にありがとうございました。

これはゲネ風景。
夜しかしないのは窓があるからでございます。
昼間にゲネをした時に、ああ、どの照明がついているのか分からず、
ののさんはマッチを擦らないところでマッチを擦ったりしておりました。

本日は二日目。
また進化いたしますー!

2013年6月7日金曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」サカイヒロト

写真のはしっこ、こちら側を見ているのがサカイヒロトくん。
出会ったのはもうかれこれ10年以上でしょうか。
 
ののあざみ嬢は、サカイ氏のことを、
 
「ピカソみたいだ」
 
と言う。
それはとても納得するのでございますよ。
一度、サカイ氏の頭の中を割ってのぞいてみたいくらいでございます。
きっと脳みそのシワがいっぱいあるんだと思うのでございますよ。
常識人かと思えば非常識。
保守的かと思えばそうじゃない。
冷たいかと思いきやあたたかい。
無責任かと思えば責任感のカタマリ。
無鉄砲かと思えば慎重派。
冷静かと思えばイガイと情熱派。
ヒトクチでは言い表せないのでございます。
 
それを人は魅力的だと言うのです。
 
10年前はナイスガイだったけれど、
今は立派なナイスミドルとなりました。
そんな彼を、ちょっと観にきてくださいな。

 
 

「七面鳥は大雨に溺れる」6日現在の残席状況です。

変更等ございまして、
残席状況が変わっております。
改めて、今現在の残席状況のお知らせです。

*残席状況*
6月7日:完売(当日券も出せません。申し訳ございません。)
6月8日:18時半 △ご予約お早めに
6月8日:21時  〇
6月9日:18時半 △ご予約お早めに

△のところも埋まりつつありますので、お早目のご予約をお勧めいたします。
お席は自由席となっておりますので、少しはやめに劇場に入って良き席を見つけてくださいませ。

「七面鳥は大雨に溺れる」仕込みでございました。

本日は仕込みでございました。
バリバリ仕込んで、なぜかワタクシ、洋服の左乳部分の布が破けるという大参事が起きました。
いったい、いつ破れたのかわかりませんえん。
ウイングさんの客席を組み換え組み換え、
「血、切ってみる。」で
お世話になったワタクシの弟のようなホリエッティ(堀江くん)が
お手伝いに来てくれてありがたやでございました。
そして照明はサクサクと進み、
進みすぎて少し待つ。
そうなぜなら。
窓があるからなのです。



ウイングの窓よ、こんにちは。
少し日が傾いてからまた仕込み再開でございます。
18時30分の公演と、20時、21時の公演はだいぶと印象が違います。

2013年6月6日木曜日

残席数の変更をお知らせします!

みなさま。。。
大変お世話をかけます。
団体鑑賞のお客様の日時変更が出まして、
7日の初日が完売となりました。

そのぶん、8日の18時30分の公演に少し余裕が出ました。
申し訳ございません。
18時30分に行きたかったのになぁ~、と思ってくださっていたお客様、
少し残席が残っておりますのでぜひぜひご予約くださいませ。

只今の残席状況をもう一度!
7日(金)20時 完売です。当日券も発行できません。申し訳ございません。
8日(土)18時30分。少し余裕がございます!ですが、お早目にご予約くださいませ!
8日(土)21時まだまだ余裕がございます!
9日(日)少し余裕はございますがお早目にご予約くださいませ!

21時公演はおすすめでございます。
しかしなかなか厳しい21時開始。
夜更かしの皆様、ぜひお越しくださいませ!

チケット予約はこちらからです!

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] ワンピース通販 アウトレット通販 給与計算アウトソーシング レディースファッション

「七面鳥は大雨に溺れる」7日20時初日完売いたしました。

「七面鳥は大雨に溺れる」
7日初日完売いたしました。

8日21時は余裕がございます!
9日18時30分はそろそろ余裕がなくなってしまいますので
ご予約はお早目に!!!!
よろしくお願いいたします!

「七面鳥は大雨に溺れる」ののあざみ嬢

アマゾネスののあざみ嬢。


「おっきぃねぇ、おっきぃねぇ」と言われて育ってこんなに大きくなりました。
最近では、進撃の巨人と言われております。
しかし、そんなののさんは、実は乙女で小さな少女なのでございますよ。
そりゃあ、ひとりでウィンドウクーラーを取り付けられる女ではございますが、
中身は女性らしーい、女性でございますのよ。
25歳で結婚すると言い放ってからもう10年以上たってしまいましたが、
大丈夫。春はすぐそこよ。
ののあざみ嬢はアグリーの頃からずっと一緒にお芝居をつくってきましたが、
以前とは俄然変化したののさん。
なぜならば、彼女は只今「抑圧と解放のシステム」を実践しているのです。
え、ま、ようするに、開き直りかい?
と聞くと、そうではなく、硬くなに、
「抑圧と解放のシステム」
と言う。

~ねばならない。
~であるべきだ。

というものを、捨てる。
ということだそうでございます。
素敵じゃないの。
そういう、ののさんとまたお芝居を作れるとは素晴らしい。
また次回も一緒につくることでしょう。
彼女は演劇アマゾネス。
今年も来年も、たぶんあらゆる舞台で暴れまわっていると思われる。
明日から小屋入りでございます。
皆様、ぜひお越しくださいませ。
お席は自由席となってございますので、
お早目に劇場に来られたお客様からお席はよりどりみどりでございます。
ちょっと早めにはいったって、たぶんそんなに退屈はしないと思いますので、
ぜひぜひお早目に!

2013年6月5日水曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」初日が残席わずかでございます。

初日7日金曜日、20時開演。
残席がもう残りわずかとなってしまいました。
ご予約はお早目に。
当日券はわずかに発行予定でございますが、
出ないやもしれませぬので、どうぞどうぞお早目にお願いいたします!

「七面鳥は大雨に溺れる」今週末です。


とうとう今週末にやってまいります。
「七面鳥は大雨に溺れる」
ウイングフィールドにて、でございます。
稽古風景のお写真。
役者紹介をしようと思いながらもその写真を忘れる。
次はサカイくんにしようと思いながら、忘れる。
明日は最後のお稽古となりまっす。
8日の18時30分の公演は完売となりました。
夕暮れから夜にかけての公演でございます。
まっくら闇の夜の21時の公演はまだまだ余裕がございます。
ウイングの窓がむき出しとなっている舞台ですので、
18時30分の公演と21時の公演はずいぶん雰囲気が
かわってくると思われますの。
どっちがオススメと言われれば、どっちもオススメ。
雨が降れば雨が見えるだろうし、
自然はその日その日で違うだろうし、
明日は明日の風が吹くから天気まで左右できない。
でも毎回毎回、おんなじものにはならないと思うのです。
さてどんな舞台になるのか、それはちょっとワタクシにも未知数でございますの。
 

 

2013年6月4日火曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」8日土曜日18時30分チケット完売いたしました。

「七面鳥は大雨に溺れる」
8日土曜日の18時30分からの公演のチケットは
完売いたしました。
ありがとうございます。

当日券を発行する予定でございます。
ですが!
他の残席状況です。

7日金曜日20時→出来るだけお早目にご予約くださいませ。残席少なくなってきております。
8日土曜日21時→まだまだ余裕がございます。
9日日曜日18時30分→余裕がございます。

「七面鳥は大雨に溺れる」ふとんにぶっ倒れる

朝から伊丹へと高校生の授業に行って参りまして。
高校生の皆さんも再来週にお芝居の本番を控えておりますの。
クラス対抗でお芝居を作るお手伝いをしに行っております。
ののあざみ嬢とともに。
ののさんは「サブウェイ」終わりで札幌から帰っていらっしゃいまして。
そして夜はお稽古へgogogogogogogogogogoでございます。

今日は音響の金子さんとともに通しをいたしました。
ぐ。
っと、圧迫したような空気が生まれる瞬間を見ると、
ワクっとしてしまうのでございます。
それは役者の体から放出されるんじゃないかと思うのです。
身体ひとつで舞台に立つのは容易なことじゃないのだ。
立っている。
それだけでも、
それは相当な疲労だと思うのですよ。
誰かの目の前に、体を投げ出すんだものなぁ。
役者が動くその一歩を大事にしたいと思うのでございます。
そしてワタクシは、
家に帰ったとたんにぶっ倒れてございまして、
そのワタクシの足の上に容赦なくルフ王子が・・・


乗っかってくる。
重い、重いのですよ。
明日もぐいっと頑張るのです。
ええ、そして写真を撮るのをまたもや忘れておりますのよ。

2013年6月3日月曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」残席状況

『七面鳥は大雨に溺れる』
残席状況でーす。

7日(金)20時開演→少し余裕があります。

8日(土)18時30分→残りわずかです。
               21時→まだまだ余裕があります。

9日(日)18時30分→まだ余裕があります。

チケット予約はこちらからでございます!
 
 
チケット:前売り2500円/当日2800円/高校生1000

「七面鳥は大雨に溺れる」 ニンプマン出口弥生

打ち合わせを粛粛と。
今日は照明の打ち合わせでございました。
舞監の都嬢も登場。
美しいのにカメラを向けるとなぜかこう。



照明のさらさんは、万歳さんの昼公演を終えて登場。

 
 
はい、そして本日のご紹介はニンプマンの出口弥生。
彼女はただいま妊娠七か月目になりまして、
ワタクシは彼女を“ニンプマン”と呼んでおります。
この公演を決めた時にはニンプマンではございませんで、
今年の初めにご懐妊が発覚いたしまして、
ワタクシと、のの嬢と、出口さんで、さてどうする?
と、公演のことを話し合いましたが、当の出口さんは、
「え、出るけど」
さらりと答えは決まっておりました。
 
え。
妊娠七か月目だぜ?
え。いいのかい?
そうして彼女は2月に客演を果たし、3月には彩雲リーディングにも出演し、
お腹の胎児は今回ですでに3回目の舞台となります。
どんどこ、お腹がせり出してきております。
妊婦にもカカワラズ、いろんな舞台をひらりと乗り越える。
そういうわけで、ワタクシは彼女を“ニンプマン”と呼ぶようになりました。
稽古中は、胎児はボッコボッコ動くのだそうです。
初日の稽古の時に、
 
「すごい動いてる・・・!」
 
と、ニンプマンも驚いておりました。
まるこいお腹で今日も頑張るニンプマン出口。
 
もちろん妊婦の役でございます。
 
 
 

2013年6月2日日曜日

「七面鳥は大雨に溺れる」ののさん不在

ののあざみさんはただいま札幌でサブウェイの公演中でございます!
アマゾネスののが北の大地で吠えております。
そしてワタクシたちは今日も七面鳥の真似をする稽古にいそしんでおります。
ウソです。
まじめに稽古しております。
お昼間の稽古スケジュールで助かることは、
夜に観劇が出来るということでございます。
今日しか、今日しかないと南河内万歳一座に滑り込む。

埋める、掘る、掘り起こす、見えなくする、見えないものを掘り起こす、
見えていたはずのものを埋めてしまう、あてのないものを掘り起こし続ける。
埋もれていくことは忘れていくこと。
そのうち埋めるために掘っているのか、
探すために掘っているのか分からなくなる。
これは私たちそのものだと思って客席でそれを見ている。
目撃している。
真っ向からの投げかけ。
探しているものは宝だったのか。
埋めたいものは、ああ、これを言ってはこれから見る人にはいけないのだわ。
埋めたいものは、何だったのか。
観劇してみてくださいませ。
一心寺から歩いて帰る。
観に行けて良かった。

先週はぐるぐると思考の海へとほおりだされておりましたが、
陸が見えて遠くまで見渡せてすがすがしいかぎりでございます。
アマゾネスののが帰ってきたらびっくりしちゃうわ。
きっと。
でも今日もまた稽古の写真を撮り忘れる。
ナイスガイが二人もいるのに。
もったいないことをしている気持ちになってしまいます。

明日からはぜひとも役者のご紹介ブログにしたいと考えております。

2013年6月1日土曜日

6月 can tutkuの演劇のご案内。必見です!

2013年6月14日(金)~15日(土) 大阪@カフェ+ギャラリー can tutku

【ご予約受付中!】
青年団 tel. 03-3469-9107(12:00~20:00)
オンライン予約 http://bit.ly/178eMbm
...
※「参加する」を押しただけではご予約になりません。
上記のいずれかの方法でご予約ください。

青年団リンクRoMT第4回公演
『ここからは山がみえる』
YOU CAN SEE THE HILLS

戯曲:マシュー・ダンスター 翻訳:近藤強
演出:田野邦彦 出演:太田宏
制作:森忠治(トライポッド)、RoMT

企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
総合プロデューサー:平田オリザ

ー上演時間、3時間30分。出演者、1人。
1980年代。イギリス北西部ペナイン山脈の麓の小さな町に生きる、一人の少年・アダムが、10代を颯爽と駆け抜けながら少しづつ"大人"へと成長していく過程を、繊細かつシャープな描写で赤裸々に、そしてリアルに描く青春白書。2011年3月の上演以来、待望の再演!

*この作品は、大変強い性的描写、暴力表現などが含まれます。

【公演日程】2013年6月14日(金)~15日(土)

開演時間
6月
14(金)19:30
15(土)14:00
*受付開始は開演の30分前、開場は開演の15分前

【会場】カフェ+ギャラリー can tutku
〒557-0034 大阪市西成区松1-1-8 出口ビル1F
大阪市営地下鉄四つ橋線「花園町駅」4番出口より南へ徒歩3分

【料金】
予約・当日ともに 一般=3,000円
ユース(25歳以下)・シニア(60歳以上)=1,500円
高校生以下=1,000円
日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童はご入場いただけません
*ユース・シニア・高校生以下の皆さまは当日受付にて年齢の証明できるものをご提示ください。

----・
青年団リンクRoMT

青年団演出部に所属する田野邦彦が2005年に結成。以後、数年に一度の緩やかなペースで活動を続ける。2010年8月の第3回公演において、マシュー・ダンスターの『ここからは山がみえる』を日本初演。上演時間が3時間にも及ぶという、一人芝居としては異例のスケールだけでなく、その赤裸々な表現描写、観客とのコンタクトを常時保って直接語りかける独自の演技スタイル、シンプルかつスタイリッシュな演出などによって、大きな話題をさらった。

▶go to RoMT Web : http://romt.org/

「七面鳥は大雨に溺れる」チケット予約はこちらから。

「七面鳥は大雨に溺れる」
チケット予約はこちらから!
コリッチ:http://ticket.corich.jp/apply/44700/

只今、金曜日の8時公演が人気となっております。
金曜日8日のご予約はお早めに!

やはり8日の9時公演というのはなかなかの実験でございますでしょうか。
不人気でございます。
ゆったり観たい方は9時公演をお勧めいたします。
でも考えようによってはですよ。
ご飯を食べてから観る、という考えはいかかでしょうか。
帰り際に飲みに行くのではなく、自宅でおうちご飯を食べてから来るとですね、
出費が控えられるというお得な公演でございます。
いや、考えようによっては、ということでございますよ。

出演 /サカイヒロト出口弥生ののあざみ松原タニシ(劇団タノシイ)
作・演出/樋口ミユ
舞台監督/河村都(CQ)
照明/皿袋誠路(PAC west)
音響/金子進一。(T&Crew)
フライヤー・美術/サカイヒロト
制作/尾崎商店
2013年6月
7日(金)pm8:00
8日(土)pm6:30
      pm8:00
9日(日)pm6:30
上演予定時間1時間10分
演出上の都合により夜公演のみ
※会場は開演の30分前
※未就学児童の観劇はお断りしております。
※演出効果により夜公演のみとなっております。
チケット:前売り2500円/当日2800円/高校生1000
 
場所:ウイングフィールド提携公演)