このブログを検索

2012年6月30日土曜日

衝動買い

リュックで移動の限界を感じ、衝動買い。
難波にて。
ものすごい勢いでカバンが吊り下げられている、あのお店で、衝動買いでございます。
フェラーリみたいで衝動買い。
コロコロって楽チン便利。

そうだ。このフェラーリの中に収まる荷物だけにしよう。そしらいつでもどこでも行けますもの。

もちろんキノコカスタマイズは怠りませんことよ。

すべてをむき終わると!

サイコロの中にさらにサイコロが入っているサイコロが出てきました!

このプレゼント面白いー!です!
貴ちゃんありがとー!

むきむきプレゼント

今日は、吉川貴子ちゃんからむきむきプレゼントを頂きました!

まあるいクスダマのようなたまたまを、



むきむきします。
緑をむいむいしていると、
オレンジ色になり、

そして間からイロイロなモノが出てきます。


そして、

2012年6月29日金曜日

記憶にございませんことよ。。。

なぜか。。。
ツィッターに、
「ブログ更新しました」
みたいなツィートがしてあったのです。。。

しかも22日のブログだけ。。。

そんなのした覚えは全くないのに!?
どうして!?
なぜ!?
いつ!?
それとも知らないうちにブログを更新したら自動的にツィートするような
そんな高度な設定をいつのまにかしていたのかしら!?
でも22日しかツィートになってない!?

ど、どど、どど、どど、ど、ど、どなたか、教えてくださらない?
風の又三郎が始まるのか思ったわ。

2012年6月27日水曜日

そんな時は

そんな時は、メールじゃなくて会ったほうがいいと思うよ。

2012年6月26日火曜日

生駒にて打ち合わせ

生駒へ。
大阪ですぐに行けるリゾート地!と思って降ります。
ケーブルカーに乗り、緑がキラキラしておりましたことよ!

大丈夫。




大丈夫。それはたいしたことじゃない。

いちごのコーンフレーク

スペシャルなコーンフレークを発見。

げきうま。
イチゴは王様。
ドンキ最高。

今日はジャブジャブサーキットさんを観る。
紅の豚を観るように、ワタクシはジャブジャブさんを観る。
ロマンがそこにあるのでございます。

そして想さんのお話を聞いて元気をもらいました。

2012年6月25日月曜日

世界一小さな演劇祭Rの共通チラシができました。

共通チラシができましたー!
これから挟み込みにまいりますよー!
今年は、森本パーマネントウェイさん
トランスパンダさん
トイガーデンさん
リリーエアラインさん
の4団体さんです!
チラシの裏には来年の募集もありますのでみなさまぜひぜひー!


2012年6月24日日曜日

アーティスト辻くんからのお便り/スキマスイッチ

秋のcan tutkuで公演予定のAftershockでご一緒するワタクシがヒトメボレいたしました、
アーティストの辻くんからお便りが届きました!

ななななんと!

グラフィックプリントのタンクトップがスキマスイッチさんの8/8発売のCDのポスターで着て頂いております。TSUTAYAなどでも並ぶと思いますのでよければ見てください。

ですって!皆様ポスターみてくださいませ!
8月8日になったら写真をUPいたしますー!

2012年6月22日金曜日

『飛ばせハイウェイ、飛ばせ人生』再放送のお知らせです。

本日、放送文化基金賞の授賞式がございましたの。

Pからの連絡で、

「いいですか、樋口さん。くれぐれもカジュアルな格好で来ないように」

カジュアルじゃないお洋服なんてもってございません。
そんな時には社会人の友人に頼るしかございません。
服を、服をかちてくだしゃい。

再放送があるそうです。
お聞きいただければ幸いです!

素敵な役者さんたちの声が聴けます。
原田さんがそこにはいてくれはるのです。

放送文化基金賞 ラジオ番組賞 受賞作品
『飛ばせハイウェイ、飛ばせ人生』(再)

2012年7月14日(土曜日)22:00-22:50

作:樋口ミユ
音楽:小林洋平
演出:江澤俊彦
技術:糸林薫
音響効果:岩崎進


出演:高橋和也 原田芳雄 市原悦子 三村聡 大路恵美 此島愛子

自転車を飛ばしながら少し泣く。

打ち合わせが終わり、真夜中の新宿を通り抜け渋谷を走り抜けて。
夜中の東京の町を走り抜けるのは大好きでございます。
走りながら、今日は少しだけ泣く。

ニュースでごらんになりました?
白いあざらし。
2、3日前は人気者でヒレをふりふりしてたのに。
昨日は衰弱して新江ノ島水族館に保護されたのに。
今日の朝、死んじゃった。
ワタクシ、きのこと猫とあざらしが大好きでございます。

白いあざらしが天国に行けますように。すん。

つばめグリルでランチ

つばめグリルのランチを食べましたの。
トマトまるごと一個のサラダつき。
皆様ぜひお試しくださいませ。
http://www.tsubame-grill.co.jp/

にくにくしくって素敵なハンバーグでございます。
じゃがいもまるごと一個だし。
つばめも大好きだけどワタクシのナンバーワンハンバーグはやっぱりびっくりドンキー。
あまり東京では見かけません。
郊外にしかないのでしょうね・・・

ランチは美女ニノミヤと。
ロンのチラシ撮影のお礼を兼ねて。
フランス語と英語が話せる国際的な女優になっていただきたいものでございます。
なれるさ!!

日本初上陸シリーズ

今のところ決まっているロンの詳細でございます!


「アジアの骨」第一回公演  

[]  A”Lone” ロン 



:ヤウ・ティンファイ

:山﨑 理恵子

潤色・演出:樋口 ミユ

キャスト 

内田 亜希子

内田 健介

日時

97日(金)1930

98日(土)1930

99日(日)13001700

※開場は開演20分前です 

会場

梅ヶ丘BOX 

154-0022 世田谷区梅丘1-24-14 フリート梅丘B1F

(小田急線 梅ヶ丘駅下車 南口より徒歩1分) 

チケット料金

当日:3000(一般・学生共通)

前売 一般:2800 / 学生:2500円(受付にて学生証の提示が必要です) 

お問い合わせ

TEL080-3068-7427

E-mail: asianbone@gmail.com

企画・制作:「アジアの骨」/ office30





2012年6月21日木曜日

最近の飲み物

しゅわっとしたものが飲みたい季節になりましてよ。
お仕事一段落しまして、また台本に戻ります。

ロンの上演台本は完成に近づきつつあります。翻訳ものって面白いんですわねぇ。翻訳家山崎さんにシゴカレる日々ですわ。

2012年6月20日水曜日

昨日の大雨で洗われたようです。

チラシデザイン

昨日は朝からロンの準備でございました。
本日は台風ですわね。
お気をつけあそばせ。

2012年6月17日日曜日

規格外

規格外のものに惹かれます。
イヨーにちっちゃいとか。
イヨーにデカイとか。
イヨーに怪しいとか。
イヨーに歪んでるとか。

惹かれてしまうんでございますよ。

そして最近の初登場第一は、これ。


でかすぎる消しゴムでございます。
対比が分かるように隣に通常の消しゴムを置いてみました。


わかってるって。

アニエス発見

網戸に発見。
アニエス発見。
ヤモリ大好き。
爬虫類大好き。
恐竜大好き。

かわいすぎます。
こんなの見れるなんて。
いい夜でございますわ。

2012年6月16日土曜日

http://ameblo.jp/cantutku-blog/

can tutkuのアメブロが新しくなりました。

http://ameblo.jp/cantutku-blog/

つくったところですのに。
設定のときに、未成年で登録しちゃったみたいでしてね。
やりなおしましたの。
最新!新しい!これ!
これがcan tutku最新情報ブログでございます!

アメーバピグ スナップショット

can tutkuのブログ担当は、can.Jrです!
目元のほくろがセクシー。

2012年6月15日金曜日

樋口家お家騒動

大変なとになりましてよ。
樋口一族。
京都出身。
公家の流れをくむ、いや、よう知らんけど。

今日の朝、
父上が目を覚まし書斎へ行くと、なぜか窓が空いている。
母上が目を覚ましリビングに行くと、あったはずの鞄がない。

泥棒に、やられたそうだ・・・

しかしさほど取られたものもなく、取るものがなかったのか。
父上と母上のお部屋には内側から鍵がかかるように
なっていて、眠る時はかけるのだそうです。
リビングと隣り合わせに寝室がございます。

ワタクシは思いました。
殺されなくてよかった。
こんな世界ですもの。
もうそれだけでございます。

「警察に言うたか?」と言うと、母上・・・
「言うたで、鑑識きたで、みーさん、沢口靖子きたで」

ええ、そう、科捜研の女のことです。

2012年6月14日木曜日

ばくだん

KU-TO10の打ち合わせ。

名物のばくだんを食べました。
辛い、うまい、そしておかわりをする。

バスで爆睡して渋谷についたらまた考えよー。むにゃむにゃカタチを見せない間の思考の旅でございます。

そうだわ。大阪で、またいろんな方のお力を借りております。ありがとうございます。
感謝、の最上級の言葉を作り出したいなあ。

世界一小さな演劇祭R

カフェ+ギャラリーcan tutkuの世界一小さな演劇祭Rの最新情報でございます!
カフェのブログのほうにはもう少し詳しい情報があります。
写真とかものっけて。


『世界一小さな演劇祭R』のコンセプトは、

                            Read.

読む。

戯曲を読む。

身体を読む。

未来を読む。

ーディングをもっと自由にしてみる、

・劇作家の戯曲ブラッシュアップのためのリーディング。

・劇団の本公演の準備の、ワークインブログレスとしてのリーディング。

・本番の準備ではなく、「読む」ことを前提とした「リーディング公演」

・作品紹介のためのリーディング(戯曲に限らない)

・身体表現のワークインプログレス(戯曲に限らない)



そしたらなんだかアタラシイものがやってくるかもしれない。


ゆりしす
『一千一秒物語』
作・稲垣足穂
演出・森本洋史(桃園会)
7月21日(土) 19:30~
    22日(日)  14:00~/19:30~

料金 800円(ワンドリンク付き)

ゆりしすとは
作家・稲垣 足穂(1900年~1977年)のナントモイエナイ独特な世界観を声に出して、
耳で聞いて味わってみようという試みで結成された森本洋史の個人ユニットです。
ゆりしすはオーストラリア生息の蝶蝶。
またギリシア神話の英雄、オデュッセウスの英語読みUlyssesが由来。

お問い合わせ
森本洋史
Uchinodogufo@gmail.com


トランスパンダ
「folklore」
作+演出 ナカタアカネ

7/28(土)20:00
7/29(日)13:00 / 16:00 / 19:00
前売・当日 1800円(限定30席)

出演
出演秋津ねを(ねをぱぁく)
後藤七重
寺本多得子(桃園会)
ののあざみ
前田晃男(南河内万歳一座)
ヤマサキエリカ(月曜劇団)

詳細はHP
http://www.geocities.jp/tp_index/
お問い合わせ先
transpanda_1997@yahoo.co.jp


トイガーデン
「シェイクスピアで遊ぼう」
 原作:ウィリアム・シェイクスピア
 構成・演出 安武剛2世
 8月4日(土)、5日(日)
上演時間、料金等後日UP

シェイクスピアって本当に面白いのか?
歴史上でもっとも優れた劇作家だという人もいれば
どこが面白いのか全然理解できないという人もいるシェイクスピア。
そんなシェイクスピアの作品から名シーンや名台詞なんかを抜粋して遊んでみようと思います。
※危険な演出はありません。

お問い合わせ先
ヤスタケ
toytoygarden@gmail.com

リリーエアライン
『バビロンまで』
作・演出:遠坂百合子
8月11日(土)17時/20時
12日(日)11時/14時/17時

料金後日UP

あらすじ
ある夜、一人のお客が言った。「バビロンまで」。
少しだけ寂しい想いがよぎる時間。
タクシー運転手と乗客達の、静かに、時にやかましく流れ去る雑談集。

出演:櫟原将宏(イチハラ会/DACTparty)
上野真紀夫
大西千保
加門功
田中誠之
田村K-1
蟷螂襲(PM/飛ぶ教室)
平林之英(sunday)
向井瑠美
米川真
ポルテーラ・ケイイチ 


詳細はブログへhttp://yaplog.jp/lily-airline/

チケット予約・お問い合わせ
lily_airline@yahoo.co.jp


世界一小さな演劇祭R 
企画・主催 カフェ+ギャラリーcan tutku/共催 日本劇作家協会京都支部

http://ameblo.jp/cantutku/

カフェ+ギャラリーcan tutkuのブログでございます。

ギャラリーの最新情報はブログでサクサク更新する予定でございます。

こちらまで!

ブログリンクにも載せております!

http://ameblo.jp/cantutku/

2012年6月13日水曜日

落ち込んだりもしたけれど私は元気です。

じつは結構。
根暗だと思てたけれど。
ワタクシ、ぽじてぶなのかもしれませんわ。

はい。
落ち込んだりもしたけれど私は元気です。

悲観的すぎて奈落の底に穴を掘るのが日課でございます。
それなのになにこの楽観主義。
なんとかなるっていぇいぇい。
なんにもならねぇいぇいぇい。
なにこの真逆な感じ、カランバ。


とりあえずパスポートGetいたしました。
人生で3回目のパスポートGet。
今までは5000円をけちり5年間パスポート。
初めから、10年間にしておけばいいものを。
目先の小銭にやられる貧乏人らしいぜ。


2012年6月12日火曜日

カフェ+ギャラリーcan tutkuの6月予定

カフェ+ギャラリーcan tutkuのこれからの予定でございます。
詳しくはこちらまで。

http://cantutku.sensyuuraku.com/Gallary.html

今週末は「淡水」さんの公演がございます!
皆様ぜひぜひー!

そして毎週火曜日に行われる「舞台創作にかかわる俳優のためのコース」が
始まりだしましてよ!

そして来週には「キキミミ」さんの公演でございます!

盛りだくさんcan tuktu!
それもこれも中野くんをはじめ、canメンバーがしっかりお店を守ってくれているおかげでございます。

7月8月に予定している世界一小さな演劇祭Rの詳細も近日UPいたします!
今年から始めようと思った演劇祭です。
少しずつ少しずつ広げていきたいものでございます。
来年の夏に向けて、もう随時募集を始めようかと思っております。
そりゃーナンダ?と思ってくださった方、
今年の演劇祭を観に来てくださいな。

大好きなまち。

ワタクシの、大好きな町であんなコトが起こるなんて。

2012年6月11日月曜日

赤坂 明洞

赤坂、二宮邸にて撮影を終えた後。
はらへりんこのワタクシたちは赤坂の町に乗り出しましたの。
ニノの案内によって、アジアン料理街へ。
そして入ったお店が、赤坂 明洞。


なんだかいろいろてんこ盛り。
キムチおかわり自由。
辛いのにほいほい食べてしまえるオモニの味。
ええ、ワタクシたちなんせ
「アジアの骨」でございますから。

今日の夜にバスに乗る。

今日の夜に夜行バスに乗って大阪行きでございます。

ロンの打ち合わせを終えて一度戻って横浜でバスに乗せてもらいますの。
今回は荷物はパソコンのみでございます。

ねぇ。6月も中旬。
やってまいりましたわこの季節。
暑いんだか寒いんだか。
振り回されるこの季節。
街ゆく人々も、ノースリやら長袖やら半袖やら上着来てる人もいればもう真夏の女子とかいる。

何を着ればいいのか迷うこの季節。
昼間と夜の温度差がひどいこの季節。
砂漠か、ゆーねん。

ああ、死ぬほど買い物がしたい。

2012年6月9日土曜日

「〇」A"lone" 撮影は赤坂で。

チラシの写真を、撮りたかったのでございます。
スタジオ借りる?まさかそんな予算はございませんことよ。
で、どうする?

リーコ女史がつぶやきましたとさ。

「二宮の家とか・・・」

アカデミー二期生随一の美女、二宮綾乃。
赤坂駅近、高層マンションン11階。
白い壁紙がどかんとあるお家。
長い廊下があるお家。
洗面台がふたつあるお家・・・

「頼んでみましょう。そしてニノの腕も借りたい」

ニノのメイクはプロ級、というかプロです。
美女が美女をメイクするという絵が出来上がりました。
そして撮影は三時間近くかかり、



はしっこのほうでライトを持つワタクシ。

何種類も撮ったこれは一番最後。
このショットが使われるかどうかは、デザイナー岸本くん次第でございます。



美しすぎるヘアメイク、ニノ。
そして撮影後、ギャラのバナナを食べる。



カメラマン兼宣伝美術の岸本くん。
そして撮影後、ギャラのバナナを食べる。



ギャラをバナナで支払ったプロデューサー。

というのはうそのようでホントのようでうそですが。

なんかやるんだってなると、必ずアカデミーの子たちが支えてくれる。
本当に感謝なんです。
ありがとうがいっぱいなんです。
そして、なぜかいろんなことが出来るアカデミーの子たち。
素敵な子たちばかり。

そして今日ながーい撮影の間、キュートな笑顔でいろんなポーズをとってくれた、
素敵な女優さん!

内田さん!


お芝居を観に行って、「ああ、絶対この人だ!」と思いましたのですよ。
でもきっと無理だわ、無理よ、とリーコさんと修子さんとウジウジしておりましたが、
ダメモトだわ、やってみないと!

ダメモトって、いい言葉でございますわ。

ダブル内田さんとみんなで素敵なお芝居をつくりますよ宣言でございます。

2012年6月8日金曜日

ひさびさに寝坊とかをしてみる。

わたくしの巣でございます。


パソコン閉じて仮眠。
仮眠ってヤバイのでございますよね。
ほんの1時間だけでも眠ろうと、それがイケなかったのでございますよ。
目がさめたら9時02分。
本日は10時から劇作家協会の企画事業ミーチング。
家を出る予定の時間でございますよ。
ひさびさのお寝坊でございますよ。
人って不思議ね。
そんな早い動きが出来るなんて。
ワタクシ最近気が付いたんですが、急いでいる時ほどゆっくりすると
結果、早くなるんでございますわね。
長年生きてきたのに今頃やっと気づいたわけでございますよ。
二度手間でどれだけの時間を無駄にしていたかを知ったわけでございますよ。
なんといってもワタクシ、二度手間やらせたら天下一品でございましてよ。
要するにフライングが多いのですわ。
もうこれはかなり反省いたしておりますの。
10年くらいかけて「いらち」を自主的に改善し、
さらに「いっちょかみ」も自主的に改善し、
たぶん60歳くらいになったらかなり思慮深い女性に成長しているはずでございます。

おそくね?
とか声が聞こえました。


夕方からはアジアの骨の本チラの写真を撮ってまいりますわ。

2012年6月7日木曜日

日面通過とAKB総選挙

朝7時からの日面通過はどんよりの曇り空でまったく見れず。
でございます。
夜のお月さんはぱっきりしてキレイですぇ。


そんな夜もすっかりテレビはAKB。
なぜか。
最後見てしまいましてよ。
まゆゆ押しのワタクシでございましてよ。

2012年6月6日水曜日

「血、きってみる」

お知らせです。

工藤俊作プロデュース プロジェクトKUTO-10 第13回公演

『血、きってみる』


作 樋口ミユ : 演出 岩崎正裕(劇団●太陽族)

出演 

工藤俊作 
久保田浩(遊気舎) 
保(兵庫県立ピッコロ劇団) 
中道裕子    
千田訓子 

堀江勇気  
樋口ミユ


201211 29日(木 19:30 
         30日(金) 19:30 
    12 1日(土) 15:00/19:30 
          2日(日)15:00

         ウイングフィールド(大阪)


201212月  6日(木)19:30 
           7日(金)19:30
          8日(土)15:00/19:30
        9日(日)14:00

                    下北沢OFFOFFシアター(東京)


ワクワクしちゃいます。
そして6月中には台本を書くのです!

2012年6月4日月曜日

月世界旅行

我慢できず。
買ってしまいました。


ジョルジュ・メリエス 「月世界旅行」
1902年に制作。
長らく行方不明になっていたのが1993年にスペインで発見。
1999年からデジタル修復作業を始めたけれど、フィルムがすんごい状態で
作業は難航。で、2010年に本格的に作業開始。

世界初のSF映画としても記念碑的作品。

と、書いてあったりする。

ワタクシすごーいメリエスマニアとか、SFマニアとかではございませんが、
この印象的な絵は、なんだか知ってる。
月にめり込むロケット。
どろんと流れるこれは塗料なのか、血なのか。
もう胸どきどきです。
月の原住民登場で爆笑したけど、
もう次の瞬間から笑えない。

AIRはとても好き。

香港のフライヤー

アジアの骨詳細の記事にコメントをいただきまして。
5日(水)にしてもらえると観に来てくださるというコメントでした。。。。
す、すみません・・・・・・!
5日から公演できれば本当によいのですが・・・・!
すみません。

興味を持ってくださって本当にありがとうございます。

おーかねーとーじかんーがーいっぱいーあったらなー
あんなこといいなできたらいいな、でございます。

これからは平日公演がいっぱい出来るように頑張りたいなと思います。


こちらは香港でのフライヤーでございます。

file.2オウム真理教

NHKスペシャル 未解決事件のfile.2 オウム真理教をみましてよ。
そしたら、その日の夕方に、菊地直子容疑者逮捕のニュース。

世界初の化学兵器テロ。
二十歳の頃の世界のニュース。
どこか遠いところで起きている、と。
そのころは実はそんなことを思っていた。

すぐそばにある。

2012年6月2日土曜日

いろり・まんがの会

いろり・まんがの会ってのがございます!
それは5月25日にワタクシが密かに開催いたしました秘密クラブと同じ、
クラブ活動なんです!
部長は手塚治虫先生を崇拝なさっております。
毎月開催されるそうですの。
大阪に戻っている時はぜひぜひ参加したい、いえ、
入部したいと考えております。

このクラブ活動の詳しい詳細はこちら。
アートクラウドのブログにて。

http://ameblo.jp/artcloud/

アートクラウドとは
『イロリムラのプチホール活性化プロジェクト』をきっかけに、
ギャラリーやカフェ、小規模劇場など、アートスペースを活用し、
『まち』をを活性化させることを目的とした、アーティストの集合体です。

草の根運動全開でございます。

デビルマンをコミックスで初めて読んだ時は衝撃を受けましてよ。
「・・・ッヒ!」
って何回も息を飲みました。

萩尾望都の「銀の三角」が大好きで大好きで。
心が空虚になったら必ず読みます。
山岸涼子の「日出処の天子」を読んでおいおい泣きます。
もう身悶えるのは間違いなく「BANANA FISH」でございます。
そしてバイブルのような「火の鳥」
手塚せんせーい!
そして松本大洋せんせーい!サニーはいつー!?

一番、一番大切な漫画は「船を建てる」
これはすべての小さきものに送る物語。

「アジアの骨」詳細

「アジアの骨」第一回公演
○ A"lone"
 
2012年9月7日(金)-10日(日)
 
梅ヶ丘BOX
 
作:ヤオ・ティンフェイ(香港)
 
翻訳:山崎理恵子
 
演出: 樋口ミユ
 
出演:内田亜希子/  内田健介
 
内田健介さんはラジオでお世話になりまして。
いつかお芝居を一緒に創りたいと思っていましたのでございます。
 
そして。
内田亜希子さんにはもうヒトメボレでした。
 
お二人とも内田さんですが、ご夫婦ではございません。
 
 
 

http://asianbone.or-hell.com/

「アジアの骨」のブログだそうです。

リンクにも追加せねばなりませんわ。

アジ骨。
アジの骨みたい。
干からびた感じがしないでもないですが。

http://asianbone.or-hell.com/

そんなわけで、7月は香港に行ってきます。
風邪が、治ったら。。。ね。。。

2012年6月1日金曜日

「アジアの骨」

「アジアの骨」
という名前になりました。

9月に梅ヶ丘BOXで公演する時にユニット名でございます。
三十も半ばを過ぎた女子たちがなにやらおっぱじめたのですが。
いろいろこまごましたことに手をつけているくせに、
名前をちっとも考えておりませんでした。

「アジアの骨」

これまた無骨な感じになってしまいました。
もうちょっとかわいい名前にしたほうが良かったのでしょうか。
アジアンキャンディだとか。
ちゅーいんぐアジアだとか。
え、そもそもこれらってかわいいのか?
自分のカワユイライブラリーに疑いがかかるので
もう追及しないでおきます。

なぜアジアがはいるかと言いますと、
アジア戯曲を取り上げるんですの。
日本初上陸のものを。

第一弾は、香港戯曲。
香港レパートリーシアターで上演された演目。
「A“Lone”」

なので、近々、香港に行ってみようと思っているのでございます。