このブログを検索

2011年1月31日月曜日

ハグ推奨派

さて、感謝、敬愛、信頼、警戒心解除、これらをイッキに表現するために。
ワタクシ、ハグ推奨派でございます。
嫌がられることもあるでしょう。ええ。
なんだこのシト。と思われることもございましょう。
いえ、でも、しかし。
ありがとうを全身で。

お知り合いのスペイン人の方と会うと自然にハグ。
ぎゅうっと、距離が縮まるのでございます。
皆様も一度お試しくださいませ。

世界中でハグを。

あっというマでございました。

おかえりなさいませ。
はい、ただ今戻ってまいりました。

福岡公演が無事に終わりました。
本当にたくさんの方がきてくださいました。
ありがとうございました。
小倉に福岡、九州ラヴでございます。

これで最終公演三都市全ての公演が終了いたしました。
本当に長い間ありがとうございました。
伊丹、東京、福岡と、どの公演にも観にきてくださった方々、
遠方から駆けつけてくださった方々、ありがとうございます。
どの都市にも力を貸してくださる方たちがいて、
見送ってくださる方たちがいて、本当にありがたい限りでございます。
ここにも15年の年月を感じます。

ずっと観ていてくださったお客さんと初めてお話できる機会がありました。
感謝ばかりでございます。
本当にありがとうございます。

ありがとう100万回を花束にしたいのです。

2011年1月28日金曜日

ゆるやかではあるけれど

亀のようでもいいから、ゆるりと。
ゆるりとしか進まなくても。
少し、前には進みたいものでございます。
少し進んで、おやすみなさいませ。

in 福岡

福岡でございます。
おひるからバリバリ仕込みまして、あっという間に
ホールOUT。

せっかくの九州でございますから
ホテルまでの帰り道にラーメンのひとつふたつ、
食べて帰りたかったのでございますが。
どうも劇場に入ると食事をする気が起こりません。

なにかが、どこかが満たされるからなのか、
なにかが、どこかが麻痺してしまうのか、
さて、どちらでございましょうか。

どちらにしても、刺激があるんでございますねぇ、演劇は。

2011年1月27日木曜日

忘れ物を

なくしたいものでございます。
どうしたらよいものでしょうか。
物覚えのネジ一個をどこかに落としてきたのでしょうか、
生まれるときに。
本日、九州公演の積み込みでございました。
忘れ物のないように、ないように、の15年でございました。
なのに。
しっかり忘れましたねぇ。
舞台美術の椅子を…
気が付いたときには23時。

しかも椅子、でございますから…
明日の新幹線、担いで乗ろうかとも考えましたが、
そんな無茶な。
佐川さん、よろしくお願いいたします。

2011年1月25日火曜日

医者にひるむな。

寒い日々が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。
乾燥注意報も続いていましたね。
インフルエンザにはお気をつけくださいませ。
風邪をひいたりすると病院に行きますよね。
ワタクシ、熱が出たり、風邪になったり、
あまり体調を崩すことはございません。

しかし、年に一度はかかります。

ノロ。

くそう。
二度とかかりたくないのに、相性がいいのか。
くそう。
鉛のような痛さでございます。
ノロ経験がある方はご存知でしょう、あの痛み。
今年はノロと出会いませんように。

たまにしかお医者に行きませんが、
行くとなったら心配ごとが残らないように
お医者さまに根掘り葉掘り聞きます。
完全にうっとおしい患者になります。

切り出しはいつもこう、でございます。
『先生、例えば仮にね…』

悪化しそうな仮の話をいたします。もしもの話を。可能性のある話を。
お医者さまがゲンナリしてもひるんではいけません。
聞けば答えてくれる、それがお仕事なんでございますから。
診察しょっぱなから高圧的なものいいで、
医学用語ばかりを使うお医者さまもいらっしゃいますね。

診察室で聞きたいことも聞けず、よく分からないまま
病院を後にされることが多い方、つきそいますよ。

2011年1月22日土曜日

山の声

山と人生と演劇が全てある。

次の作品は神様が独り占めするんだろうか。
それがくやしい。どうして連れて行ったのか。

神様に会ったらそう言ってやろう。

1/22土曜日 RKBラジオ電話出演

1/22土曜日 RKBラジオ14時から16時30分
「あべちゃんトシ坊!こりない二人のoh!キューット倶楽部」
福岡のラジオ番組に電話で出演いたします。

今月末の福岡公演の宣伝、お知らせです。
アグリー女子たちは16時からの出演です。
福岡の劇団ショーマンシップの座長さんである
仲谷一志さんというお方がパーソナリティを勤める番組です。
福岡の小劇場のアニキのような方でございます。
とにかく楽しいお兄さんで、笑っぱなしの福岡の夜でした。
ああ、それもこれも三坂嬢のおかげでございます。
ありがとうございます。

福岡の皆様、明日はぜひラジオの前に。
番組サイト http://rkbr.jp/abetoshi/index.html

2011年1月21日金曜日

立場変われば、

コーヒーを淹れていると、
色んな物語が垣間見れるのでございます。
それがとても面白いのでございます。
人間は様々であるなぁ、と。
同じ人間が一人もいない、当たり前でございますが。
アフタヌーンティーは奥様たちの時間ですね。
ご近所の人間模様はcafeで知ることができるものでございます。
お仕事仲間のイザコザ、対立、仲違い。
全ての話の流れを知っているのは、実は近所のcafe店員であったりするのです。

皆様、大声でのお茶会にはお気をつけくださいませ。

2011年1月20日木曜日

一緒にすれば一品です。

品数が多いことに意義がある、そうでございます。
食卓からこぼれ落ちそうな皿の数。
学生のころのお弁当の品数もハンパなかったのでございます。
冷凍食品は使わない主義のお母さま。

寝る時間を惜しんでの、お弁当。
頭が下がります。
世の中のお母さんたちに幸あれ。
もう少し手抜きしてもよかったのに、と
今なら苦労を想像出来ますが、
もこれは永遠のテーマでございましょ?
孝行したい時に親はいない。
え?両親?
ピンピンしております。
いつまでもそのままで、と祈る毎日でございます。

学生の頃はお弁当をあける度に不平不満ばかり。
反省いたします。
たとえ、イチゴ、ごはん、イチゴ、ごはん、イチゴ。
と、果物でご飯粒をサンドされてあろうが。
食せることに、感謝するのが一番大事なのでございます。

夕食は一品一品テーブルに並べられます。
懐石料理のように。
1、キャベツ炒め。
2、人参炒め。
3、ピーマン炒め。
4、ジャガイモ炒め。
5、玉ねぎ炒め。
6、そして、豚肉炒め。
※炒め、というものは、炒めるだけでございます。
素材の味を生かして、味付けはほとんどございません。

全部で6品でございます。
ただ、これ、一度に料理すれば、
野菜炒めになるんですが、それは家族の誰もツッコミはいたしません。

2011年1月19日水曜日

そして健康。

我が家のお食事事情をなんだかんだと言いましたが、
かなり感謝をしているのでございます。
大きな病気ひとつせず、
ありえない高さから落ちても骨にヒビひとつ入らず、
こんなに無理のキク体に育ちました。
ありがとうございます。
しかしですね。
毎日ミルクにプロテイン混ぜて飲ませていたのは
いかがでしょうか。
子供は風の子、お外で走り回るものでございます。
プロテイン、運動、プロテイン、運動、プロテイン、運動。

昔は大草原の小さな家のローラのような格好でした。
赤毛のアンの、エプロンドレスを手作りしておりました。
ひらひらレースをあしらったスカートから、
コモチシシャモが二本飛び出しているのに気が付いた時の
ワタクシの驚愕、察していただけませんか。

2011年1月18日火曜日

さらなる健康へ。

素材を生かしたお食事。
数え上げればキリがございません。
が、しかし。
強烈なものがいくつかございます。
忘れられないのが、ブロッコリー。
大好きでございます。
食感といい、見た目といい、食欲をそそられますね。
肉料理の横にちょこんとあったり、
サラダに加えられて歯ごたえを演出したりと
大活躍でございましょ。
決して主役にはなりませんが、
ブロッコリーは料理の名脇役じゃございませんか。
そう、名脇役が主役になるとどうなるのか。
皆様ご覧になったことございますか。

ワタクシ、自宅の食卓で目の当たりにいたしました。
ボウルいっぱいの、ブロッコリー。
あれは何個分だったのでしょうか、お母様。
山盛りのブロッコリー。
ホテルのバイキングでさえお見かけしたことございませんよ。
そして極めつけに、母のヒトコト。

『マヨネーズは?いらんよな』

バタン。
と、冷蔵庫へ隠されるマヨ。
さほどマヨに思い入れはございませんが…
茹でブロッコリーのお味は、ええ、そりゃおいしゅうございましたよ。
体に悪いもの一切入っておりませんので。
ツウには、たまらない。
名脇役がメイン。

せめて塩だけでも欲しかった。

2011年1月16日日曜日

さらに、健康。

引き続き、健康のお話でございます。
もうずいぶん前になります。
ワタクシが小学校時代には、今のように
サプリメントは主流ではございませんでした。
今のようにコンビニエンスで手軽に購入は出来なかった、
はずだと思いますねぇ。
しかし、ワタクシの家ではサプリメントがどっちゃりありました。
母親が取り寄せていたのでしょう。
ビンのラベルは英文ばかり。
海外からお取り寄せですか、母上様。
問題は、海外モノであるから…
一粒一粒が、デカい。
食道を通るのもやっと。
ビタミンCやB群、その他なんやかんやのサプリメント。
母親が大量に配給してくれるのでございます。
分量としてはですね……
両手で水をすくう形をつくってみてくださいませ。
はい、そに両手に、MAX。
大粒のサプリメントを飲み込むのです。
家庭というのは面白いものでございますね。
子供が接する現実の世界はとても小さなものでございますから、
全ての家庭にはサプリメントがあると思っておりました。
大量に摂取するものだと思っておりました。
苦痛なサプリメントタイム。

少し世界が広がった時に思いましたねぇ。

拒否しろよ、アタシ。

しかし、感謝でございます。
オカゲサマデ、丈夫に育ちました。

大豆の力

ワタクシの、二十代の頃の食事事情をご紹介しましょう。
母親のモットーは『健康のためなら死んでもいい』

樋口家の食卓はまずお豆腐一丁を平らげることから始まります。
そして納豆、それらを食べてから、夕食が始まるのでございます。
この豆腐と納豆を乗り越えなければ夕食にはありつけません。
この時点ですでに満腹感を感じます。

自然をそのまま食することを愛する母親は、調味料には頼りません。
豆腐を食べる際には、醤油は母親が管理いたします。
なんことだかお分かりいただけませんか?
醤油を滴らすのは、母親しか出来ないのです。
ええ、それが、樋口家ルール。
母親は慎重に命の一滴を滴らしてくれるのです。
ええ、一滴。
一滴のみ。
一滴しか。
豆腐一丁に対して、醤油が一滴。
みなさま、一度はためしてくださいませ。
大豆の味を噛み締めることができます。

素材の味を最大限に引き出せる、母の愛。
親の愛はすぐには受け止められないのが
子供というものでございましょう。

ええ、久しぶりに家に帰った時、今だに思います。

醤油くらい、好きにかけさせてくれと。

2011年1月15日土曜日

お灸はいかかでしょうか。

お疲れのみなさま、どう癒していらっしゃいますか。
健康推進委員会を1人で発足しております。
ワタクシの健康推進の歴史は母親から受け継いだものでございます。
受け継がれてゆく、お家の伝統。
守ってゆきたいものでございます。

塩分控えめな食事を子供のころから続けてきました。
控えめどころか味がしない究極の薄味料理。
どれだけ薄味かと言いますと、
味噌が入っていない味噌汁でも平気でございます。
ダシだけでも十分おいしゅうございます。

お家の伝統は少しずつご紹介するとして。

最近のおすすめリラクゼーションをご紹介でざいます。
それは、ええ、そう、お灸。
出来れば強めのものをオススメいたします。
「燃えてる!火傷する!焼ける!」
と、叫びそうなくらい強めのものを。

お近くの鍼灸院までどうぞ。
長年の激痛生理痛がすっかりどこかへいってしまいました。

ビバ、お灸。

2011年1月14日金曜日

苦悩する大事な友人

友だちのいない人間は信用しかねますねぇ。
どれほどみた目の感じがよくても。
どれほど立派そうに見えても。
友を持たない人生はなんと虚しいことでしょうか。
青臭いですか。
ええ、承知の上でございます。
友の苦悩を少しずつ少しずつ細かく分けて
何に悩んで、何から解決していけるか。
何を諦め、何を取るか。
ほんのちょっとの時間を共有出来るだけでございます。
そんな少しの時間が人生を豊かにするような気がします。
青臭いですか。
だから承知の上ですってば。

2011年1月13日木曜日

ぽん

今月末の九州公演は福岡博多にあるぽんプラザという
劇場で公演いたします。

重要な情報を…
ぽんプラザのぽんは、ポンプのぽんなんだそうでございます。

劇場のスタッフさんたちが本当に素晴らしいのです。
福岡の劇団さんたちと交流する場も作っていただいたり、
ああ、あったかい。

担当してくださったのは、エフパップのスタッフでもあり
福岡の 劇団ぎゃ という劇団で役者もしていらっしゃる
三坂さんという美女。
お母さん、フランス人ですか?
と思わず聞いてしまう白い肌と日本人離れした顔立ちを
お持ちです。

細やかなサポート、素晴らしいです。
福岡公演を考えていらっしゃる方、
三坂さんにご連絡をお取り次ぎいたします。

福岡、博多での不思議発見。

どうしても、伝えなければならないことが。
福岡、博多での不思議発見でございます。

商店街のなかで、目をひく看板が。
なぜ写メを撮らなかったのか。
悔やまれます。

その看板の言葉をここに。

「うちの庭でとれた宝石」

庭から、ザックザク?
教えてください、博多のみなさま。

2011年1月12日水曜日

滞っていく原因

どんなものでも。
滞っていくには原因がございますでしょう?
張り切ってブログを始めてイガイに三日坊主は乗り越えたなと
思っていた矢先でした。

九州福岡にいってまいりました。
ええ、情報宣伝でございます。
忘れましたねぇ。
相棒のipad。
ノートパソコンを持ち歩かない代わりの、ipad。
滞るには原因がございますよ、みなさま。

家賃の支払いが滞るとか。
これはわかりやすい原因がございますねぇ。
生活苦?

知り合いへの連絡が滞るとか。
この場合、だいたいみんな同じことを言いますねぇ。
「すいません、ちょっとバタバタしていまして」
大人のみなさま、一度は言った記憶ございませんか。
ワタクシも何度か言いましたねぇ。
言う度に自分に突っ込みます。
一体、何がバタバタなんだか。
ええ、はい、すみません。

あと恋人への連絡が滞るとか?
ああ、こちらは…深い原因が、ありそうでございますねぇ。

滞りましたが、無事に東京公演を終えることができました。
お力を貸してくださった皆様。
観に来てくださった皆様。
本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

2011年1月8日土曜日

一日という時間

小屋に一日中入っていると、
時間の感覚がグンニャリいたします。
意味わかりませんか。
朝日を浴びて、次に空を見ると真っ暗くらいくらい。
小屋の中で進む時間は劇場時間。
特別な時間の流れでございます。

まさに、
長かったようなー
短かったようなー
で、ございます。

不思議なものでございますねぇ。
時間は全ての人に平等に流れるものですのにねぇ。
なぜに体感時間はこんなにも違うものでしょうか。

本日は東京公演二日目。
皆様、ありがとうございます。
たくさんの方に来て頂いて感謝。
感謝でございます。

無事に。

初日があけました。
ありがとうございます。
あらまぁたくさんのお客さまがいらっしゃってくださいました。
ありがたいことでございます。
本当に感謝いたします。
アグリー女子たち、感謝しましょうね。
訳すと醜い女子たち。

明日は2時公演でございます。
みなさま、ぜひとも。
当日パンフレットだけでも観に来てくださいまし。
失笑いたしますよ。

2011年1月7日金曜日

腎虚

みなさま、お元気でございますか。
お疲れの方、腎虚ってご存知でしょうか。
東洋医学のお話だそうで。
背中と腰の間、と言えばよいのでしょうか。
背中の終わりで、腰の始まりのトコロ、と
言えばよいのでしょうか。
両手を腰に当ててみてください。
親指が当たるところから少し上、と
言えばよいのでしょうか。
その部分。
親指で押して
「いたーい」と叫んでしまう方、
お疲れのようでございますよ。
とてつもなく疲れた時に行きつけの接骨院で
この部分を指圧していただいて、
絶叫いたしました。

「腎虚、です」
「先生、それは…?」
「東洋医学でいうところの、んー、要するに生きる気力がカラッポ」

気力を貯めツボなんだそうでございますよ。
貯めて日々使ってカラッポになったら
また貯めるんだそうですよ。
カラッポのままではいけませんねぇ。

お疲れの皆様、休息を取って気力貯めてくださいませ。
なのでワタクシも就寝いたします。
おやすみなさいませ。

2011年1月5日水曜日

東京公演

駅前劇場は良い香りがいたします。
今週はピカピカにお天気になりますように。

みなさま、お時間ございましたらぜひ劇場まで起こしくださいませ。

劇団ugly duckling第32回最終公演
『凛然グッドバイ』
下北沢駅前劇場
1月7日(金)19:30
8日(土)14:00
9日(日)14:00
今回はダブルキャストとなっておりまして東京公演は春眠チームです。
出演:出口弥生・ののあざみ
(九州公演は冬眠チーム/東京公演の半券をお持ちのお客さまは九州公演が無料になります)

1時間30分を、彼女たちは疾走いたします。
彼女たちと作り続けてこられて、本当に幸せだなと思います。
なんと贅沢な時間でございましょう。

走れ走れ、ワタシたち。

ぜひぜひ観に来てくださいませ。

朝の4時30分

起床予定でございます。
以前にお寝坊さんのお話をいたしましたが、
反対にどんな極限でも目が覚める…
という場合もございますね。

油断をすると、人間はうっかりさんになってしまいますよね。
余裕をぶっこくと、とんでもないことをしでかしますよね。

ですから常に思います。
崖っぷちギリギリで生きよう、と。
緊張MAX、安らぎなど微塵もなく。
戦場を走る兵士のように。
全身アンテナビンビンのように。
そうしたら油断もぶっこく余裕もないかしら、と考えます。
が、
全くココロに良くなさそうでございましょ。

いえ、まぁ、こんなことを言っていないで
早く寝るに限ります。
そうですねぇ。
おやすみなさいまし。

2011年1月4日火曜日

珈琲

大好きでございます。
珈琲。
少女の頃はあんなに紅茶党だったのに、でございます。
ロイヤルミルクティーが大好きで、茶葉にも
こだわる小生意気な少女でした。
もうそんな面影はどこにもございません。
小生意気な少女の?ミルクティーの?
そのどちらも。

今はどこにいっても、アイスオーレアイスオーレ。
夏でも冬でも24時間アイスオーレアイスオーレ。
そんな飲み過ぎたらそのうち自らアイスオーレになるんじゃないか、
心配でございます。

アイスオーレか珈琲を飲まない日はございません。
大阪から少し離れると、無性に店の珈琲が飲みたくなります。
can tutkuの珈琲は大変美味しゅうございます。
軽く宣伝です。

さて、明日から東京公演へ。
モーニングが高いのがタマニキズでございます。
いえ……大阪が異様に安いのでございましょう。

いかがお過ごしでしょうか

皆様、この三が日いかがお過ごしでしょうか。
今日も健やかに稽古をいたしました。
まだお雑煮とおせち料理の日々なのに。
贅沢なことでございます。

ところで三日連続でお風呂あがりに耳がガサゴソ
音をたてます。
よくありませんか、耳に水。
ワタクシ年がら年中耳に水がはいります。
顔をゴロンと横にすると耳の奥で
ガァサァ
また顔を横にすると
ゴォソォ
気持ち悪さと気持ちよさが行ったり来たりします。

耳の水、どうやってとりのぞきますか。
あらゆる方法を試してみて、
確実に取れるのはコヨリでございます。
ティッシュをヨリヨリして、そっと耳へ。
鼓膜にはよくないとは分かっていても、
100発100中で取り除けます。

もし耳に水が入ってどうしようもなければ
ワタクシのところへ。
必ず取り除きますので。
いつでもどうぞ。
お気軽に。

2011年1月3日月曜日

必要なものまで

皆様は、もうとっくに大掃除をお済ませでございますよね。
去年は断捨離が流行りましたので、きっとスッキリされている
ことと思います。

ワタクシでございますか。
まだ、でございますねぇ。
ご提案がございまして。
冬は寒さが厳しいので、大掃除は春にしてはいかがかと。
そんなわけにはいきませんか。
ぽかぽか陽気の中で大掃除。
はかどると思いますがいかがでしょうか。

ワタクシ断捨離は大得意でございます。
未練もなく豪快にオサラバ。
ガッサガッサと投げ捨てて、
そして後で気がつきます。
必要な書類等々まで捨てたことを。
断捨離が大得意?
いいえ、ただの管理不行届きなだけですねぇ。
善処いたします。

明日の稽古は春チームの通しを。
明後日には積み込み。
そして次の日、始発新幹線で東京へ。
まだお正月ですのにおほほほほ。

2011年1月1日土曜日

思い出せますか、3日前何を食べたか。

脳トレ的に、思い出せたほうがいいんだろうなと思います。
しかし、覚えていらっしゃいますか。
ワタクシさっぱり思い出せません。
昨日の出来事さえもう遥か彼方に。
霞のようです。
スケジュール帳を開いて先月、先々月のページ見て
不思議な感覚です。

「ん。こんなに、あったのね。。。」

覚えていないことが、多すぎる。
病気ではなかろうか。
と、不安になる毎日でございます。
チホウではなかろうか。
と、疑う毎日でございます。

そのかわり。
観たお芝居はしっかりと覚えています。
シーンの絵図が頭のモニターにはっきり再現できます。
ああ、でもこれもあまり役には立ちません。
再現する絵は確実な過去の真実ではなく、
勝手にワタクシの妄想が織り込まれてしまいますねぇ。

やるか。脳トレ。

A happy new year

あけましておけでとうございます。

新しい年でございますね。
昨日も今日もただ時間を刻むのでございまして、
進む時間に特別なものはなにひとつございません。

意味を持たせるのは人間の仕事でございます。

さて、今日もまた生きて行きましょ。
ワタクシに関わってくださった皆様に感謝。
ワタクシに関わらない皆様にも、感謝。
全ての皆様に。

A happy new year